保土ケ谷区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

神戸町やきとりの拓 給食在庫食材を購入 「素材を無駄にできない」

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
購入したジャガイモと玉ねぎ
購入したジャガイモと玉ねぎ

 神戸町の居酒屋「やきとりの拓」((株)GOCHISOU・岡部琢代表取締役)が、新型コロナウイルス感染拡大防止措置として小・中学校などが臨時休校となったことを受け、本来は給食の材料として使われるはずだった食材を購入し、自店で提供する商品の食材として使う活動を展開した。

 突然の臨時休校措置により、各地で給食用食材を提供する業者は大きな打撃を受けている。そんな中、戸塚区内でWEBサイトの制作などを手掛ける北原卓也さんに、戸塚青果市場から相談が寄せられた。「小学校に納品予定だったジャガイモと玉ねぎが在庫に。何か方法はないだろうか」。その量、計5トン。自社で販売するほか、SNSなどを通じて情報を発信した。

協力を即決

 自店でも宴会のキャンセルが相次ぎ、売り上げも大幅に減る中、知人を通じてこの状況を知った岡部さんは「同じ食を扱っている人が困っている」と協力を即決。ジャガイモと玉ねぎをそれぞれ10キログラム購入した。

 店ではポテトサラダやカレー、オムライスの材料として使用。来店客らに提供したという。同店は小盛りメニューや持ち帰りなどに対応している飲食店を市が認定する「食べきり協力店」に登録。「素材を無駄にすることはできない。こういった取り組みには今後も積極的に協力していきたい」と話している。

4日間で完売

 市場から寄せられた10トンの野菜は岡部さんをはじめ、多くの協力者が現れ、わずか4日間で完売したという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

南米の農村地を食支援

新型コロナ

南米の農村地を食支援 社会

横国大生らが協力呼びかけ

7月9日号

フェイスシールド寄贈

横浜保土ケ谷ライオンズクラブ

フェイスシールド寄贈 社会

商店街など7カ所に

7月9日号

医療体制拡充に56億円

医療体制拡充に56億円 政治

市、第2、3波に備え

7月2日号

「フリ丸印のぱん」開発

横浜FC

「フリ丸印のぱん」開発 社会

上星川のパン屋とタイアップ

7月2日号

ハチ被害 注意喚起

ハチ被害 注意喚起 社会

「巣を見つけたら区に相談を」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月3日16:09更新

  • 7月2日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク