保土ケ谷区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

上星川レジデンス 「花溢れる街」に評価 横浜環境活動賞を受賞

社会

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena
上星川レジデンスの委員ら
上星川レジデンスの委員ら

 花を通じて街や人を明るくすることを目的に上星川周辺に暮らす住民が立ち上げた市民団体、上星川レジデンス(高野香織委員長)の「上星川グリーンアッププロジェクト」が、環境活動に功績があったとして、「横浜環境活動賞」で実践賞を受賞した。

 横浜環境活動賞は、地域で様々な環境活動を積極的に行っている企業や団体、学生を市が表彰するもので、今年で27回目。今回は市民の部、企業の部、児童・生徒・学生の部などで計19団体が受賞した。

きっかけは母娘の想い

 同団体の発足は5年前。区域内のマンションに移り住んで間もない、高野委員長と母・上田智子さんの「街を花でいっぱいにしたい」という想いからはじまった。当初は親子二人ではじめた活動だったが、近隣住民を中心に賛同者を集め、現在の会員数は58人。花の手入れやハンギング・バスケットの設置などを通じ、上星川駅周辺や東川島町、西谷町の地域緑化や「住民同士の会話がはずむ街づくり」を推進している。

 ハンギング・バスケットは、時期や気候に合わせて品種を変え、地域から花を絶やさない工夫をする。「花の手入れをしていると、挨拶だけでなく、品種についての質問など声をかけていただける。地域にコミュニケーションが生まれていると実感する」と高野さん。花を飾ることで、道のごみが減るなどの効果も感じるという。

 今後は「地域の子どもたちに花の魅力をPRしていきたい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「流行り病収まって」

川島町松月庵

「流行り病収まって」 社会

民話にちなみ参拝者増える

5月28日号

ドライブスルーで野菜直売

峰沢町矢野さん

ドライブスルーで野菜直売 社会

コロナ禍で「密」避け

5月28日号

チームグッズTシャツで選手がマスク手作り

【Web限定記事】ニッパツ横浜FCシーガルズ

チームグッズTシャツで選手がマスク手作り 社会

売上金で新型コロナの医療従事者支援

5月21日号

ホタルの棲む環境整備に評価 国交大臣表彰を受賞

【Web限定記事】ホタルの里水辺愛護会(市沢・仏向の谷戸に親しむ会)

ホタルの棲む環境整備に評価 国交大臣表彰を受賞 社会

5月21日号

藤の花 見事に咲く

川島町向台公園

藤の花 見事に咲く 社会

「地域の誇り」が見ごろ

5月14日号

区内でもオンライン診療

区内でもオンライン診療 社会

処方薬も配送可能に

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク