保土ケ谷区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

【Web限定記事】保土ケ谷西部連合自治会 3年連続無火災達成で表彰

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受け取った渡辺会長(左)と小野寺署長
感謝状を受け取った渡辺会長(左)と小野寺署長

 保土ケ谷西部連合自治会(渡辺和雄会長・12自治体)が今年3月をもって連続無火災を達成したとして5月25日、消防局長表彰を受賞した。

 同自治会では2017年3月7日から3年間連続無火災を継続、市が定めている表彰基準である「5千世帯未満の地域で3年間連続無火災」を達成したことで同賞が与えられた。

 表彰を受けた渡辺会長は「こうしてまた1年、無火災の記録を更新できたというのは大変喜ばしいこと。普段から、12自治会の各自治会長さんをはじめ住民の皆さんが防災意識を高くもってくださっていることの表れです」と周囲への感謝を語った。小野寺勝保土ケ谷消防署長は「3年連続無火災という記録は、住民の皆様ひとり一人が意識高く努めた結果。4年、5年、6年先に向けて、より一層力を入れていただければ」称えた。

 

 この日は、渡辺会長が同連合自治会長を務める最後の日でもあった。後任を務める予定の佐久間信義さんは「忘れた頃に災害がやって来ないよう、今後も努めていきましょう。感震ブレーカーの設置や火災報知機の点検等にも注力していただきたい」と呼び掛けていた。

 市内では連続無火災地域表彰の基準について、世帯数に応じた達成期間が設定されており、継続期間によって「市民防災の日推進委員長(2年)」、「消防局長(3年)」、「市長(4年)」表彰と続いている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

渾身の1枚一堂に

渾身の1枚一堂に 文化

県民センターで12日まで

7月9日号

米140kg超を寄付

岩井町原第一町内会

米140kg超を寄付 社会

コロナ禍の余剰予算で

7月9日号

「ごみ袋 空気を抜いて」

市資源循環局

「ごみ袋 空気を抜いて」 社会

破裂により危険も

7月9日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月9日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月9日号

WEB限定記事 発信中

WEB限定記事 発信中 社会

「メール版」でもお届け

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月3日16:09更新

  • 7月2日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク