保土ケ谷区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

保土ケ谷図書館 利用制限下でも工夫 「お楽しみパック」が好評

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
大人向けパックのボード
大人向けパックのボード

 10日から館内利用が再開された保土ケ谷図書館(海老原浩志館長)ではコロナ禍で施設利用が制限された中でも、工夫を凝らした独自の企画で区民が読書に親しめる環境を整えていた。

 同館はサービスの縮小や臨時休館を経て、現在は閲覧席や新聞、新刊雑誌の閲覧等を除く館内利用が再開している。

 来館し本を選ぶことができなくなった臨時休館前の3月、子どもを対象に、開けるまで中身が分からない「お楽しみパック」を企画。「絵本」「1〜2年生向け」など年齢に合った本3冊を1セットにして英字新聞に包んだ。評判は好調で、用意した1359セットのうち1313セットが既に利用されている(6月13日現在)。同パックは無くなり次第終了。

本との出合い大人たちにも

 「書架に立ち入れない状況でも新しい本と出合ってほしい」との思いから、臨時休館明けの6月2日には「大人向けのお楽しみパック」も企画した。様々な趣味や興味にあうように「ヨコハマ事始め」「相鉄線の過去・未来・現在」「やっぱりお風呂がすき」など多彩な76のテーマに沿って司書が厳選した3冊を用意。専用のボードにテーマが書かれた付箋を貼り、付箋とパックを交換できるようした。

 企画は当初、館内利用が再開される10日で終了する予定だったが、SNSでの反響もあり急遽15セットを追加。14日まで期間を延長した。海老原館長は「本との出合いは図書館の醍醐味。今後もこのようなアプローチを続けたい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

南米の農村地を食支援

新型コロナ

南米の農村地を食支援 社会

横国大生らが協力呼びかけ

7月9日号

フェイスシールド寄贈

横浜保土ケ谷ライオンズクラブ

フェイスシールド寄贈 社会

商店街など7カ所に

7月9日号

医療体制拡充に56億円

医療体制拡充に56億円 政治

市、第2、3波に備え

7月2日号

「フリ丸印のぱん」開発

横浜FC

「フリ丸印のぱん」開発 社会

上星川のパン屋とタイアップ

7月2日号

ハチ被害 注意喚起

ハチ被害 注意喚起 社会

「巣を見つけたら区に相談を」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月3日16:09更新

  • 7月2日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク