保土ケ谷区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

川島町産ぶどうでワインを 200本を醸造予定

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
原料となるアーリースチューベンを収穫する三村さん
原料となるアーリースチューベンを収穫する三村さん

 川島町の農家・三村大輔さん(40)=人物風土記で紹介=が栽培するぶどうを原料にしたワインづくりプロジェクトが始動した。8月末にはアーリースチューベンという品種のぶどう約200kgを収穫。日本を代表するワイン銘醸地、山梨県勝沼の「東夢ワイナリー」に運び込まれた。来年3月には保土ケ谷産の赤ワインが200本ほど完成する見込みだという。

 保土ケ谷にはジャガイモを原料とした地場焼酎がある。この取り組みに携わる区民らのグループが、「新たな地場産品を生み出そう」とプロジェクトは昨年から始動。区内では唯一ぶどうを栽培している三村さんから原料の提供を受け、小規模ながら地場ワインを製造していた。

難局に直面

 昨年の「試作段階」を経て、今年は製造本数を拡大しようと動き出した矢先、昨年、醸造を依頼したワイナリーが、今年は小ロットの製造を引き受けることができないことが判明。計画の見直しを図る事態に陥った。

 この危機に酒販組合の関係者らが奔走。日本ワイナリー協会などに掛け合った結果、「地域振興を目的としたワインづくり」というプロジェクトが掲げる趣旨に賛同した「東夢ワイナリー」が協力を受諾。頓挫しかけた地場ワインづくりプロジェクトは難局を乗り越えた。

 原料となるアーリースチューベンは糖度が高く酸味が少ない品種で、ワインの原料とするため、今年はあえて「種ありぶどう」として栽培した。原料をワイナリーに届け終えた三村さんは「多くの関係者の方々が動いていただいたことで実現できることに感謝したい。どんなワインに仕上がるか楽しみ」と話し、局面打開を図った関係者のひとりは「区民の方々に喜ばれるものになれば。来年の3月を期待してもらいたい」と話している。
 

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

環境行動賞を受賞

カーリットの森を守る市民の会

環境行動賞を受賞 社会

長年の活動が評価

10月22日号

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク