保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

10月は食品ロス削減月間 市内では年間9万4千トン 「誰かじゃなく、私から」

社会

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市資源循環局3R推進課によると市内の家庭から出される燃やすごみの中には、本来はまだ食べられるにもかかわらず廃棄されている食品が年間およそ9万4千トン(2019年推計)も含まれているという。

 市民1人あたり約25kgもの食料が手つかずの状態で捨てられている計算。おにぎりに換算すると約250個分、金額ベースで試算すると1人あたり年間およそ1万9千円になる。

地球温暖化にも

 この「食品ロス」問題は地球温暖化の原因にもなる。捨てられてしまう食品も生産・流通・廃棄の際に温室効果ガスを排出する。温暖化が進むと気温上昇や異常気象により、農作物の生育に影響を及ぼし、食品の値上がりにもつながる。

すぐにできること

 問題解決には個々の意識と行動が重要だ。「日頃から冷蔵庫を整理整頓する」「買い物メモを作る」「食べきれる量を作る」「日常生活で消費しながら備蓄する『ローリングストック』」などは、すぐにできる「食品ロス対策」だ。

 また、家庭にある使いきれない未使用食品(2カ月以上賞味期限が残っている常温保存可能なもの)を地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する「フードドライブ」、 何もしなければ廃棄されてしまう商品をアプリやインターネットを通じて消費者のニーズとマッチングさせることで食品ロスの発生や、無駄を減らす仕組み「フードシェアリング」も新たな手法として注目を集めている。

 10月は「食品ロス削減月間」と定められている。「できること」から始めてみてはいかがだろうか―。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

詐欺防止の動画を配信

神奈川県警×レジェンド松下さん

詐欺防止の動画を配信 社会

昨年の被害件数過去最多を受け

10月29日号

糖尿病のいろはをレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはをレクチャー 社会

10月29日、30日

10月29日号

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月29日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人出不足対策と連動

10月29日号

地域課題 書面で募集

地域課題 書面で募集 社会

10月31日まで

10月29日号

壁飾制作ボラ募集

壁飾制作ボラ募集 社会

11月1日から申込

10月29日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク