保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

カーリットの森を守る市民の会 環境行動賞を受賞 長年の活動が評価

社会

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
伐採樹林整備のようす
伐採樹林整備のようす

 仏向町にある火薬工場の跡地を中心とした山林をフィールドに、緑地保全活動を行っている市民団体「カーリットの森を守る市民の会」(中村雅雄代表)がこのほど、横浜市内で環境改善への取り組みを行っている個人や団体に与えられる「横浜環境行動賞『ヨコハマ3R夢』推進者表彰」を受賞した。長年にわたる、きれいな街づくりに貢献した活動が評価された。

 同会は、大正時代から操業してきた火薬製造工場「日本カーリット社」の移転に伴い、保土ケ谷区と旭区にまたがる約60ヘクタール、東京ドーム13個分の緑地帯(現・カーリットの森)の跡地開発計画が持ち上がった際、再開発や乱開発を懸念した地域住民らが中心となって「貴重な森を守ろう」と1997年秋に結成された。以来20年ほどにわたって下草刈りや枝払い、イベントを通じた緑化活動の啓発など、月2回の活動を続けている。

 同会が行った動植物に関する調査では、現在同エリアには県の絶滅危惧種に指定されている動植物を含む、1千種近くの生息・生育を確認。初夏には森の中にあるゲンジボタルが舞う姿が見られるほか、フクロウが樹洞に生息するなど、多様性を持った生態系が形成されている。

 また、山林の一部を「里山再生の場」と位置付け、長年、人の手が入らず荒廃していた山林の整備を定期的に実施。ドングリから育てた苗木を植樹するなどした結果、近年は「眠っていた」野草が芽を出し、蝶が舞い、カブトムシが集まる「活気ある森」へと変貌しつつあるという。

 表彰をうけ、中村代表は「これまで我々がやってきたことは間違ってなかったと改めて感じた。残っている豊かな山林を次世代に残していけるように、会員一同今後も楽しみながら活動していきたい」と喜びを語った。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook