保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

蟻の観察をテーマにした親子向けのセルフガイド作成に携わった 高橋 舞加さん 狩場町在勤 22歳

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

尽きない興味が原動力

 ○…新型コロナウイルスの影響で中止になってしまった環境教育イベントの代替事業として『親子でアリを見つけに行こう!』と題したセルフガイドを作成した。「自粛生活が続く中、子どもたちが自然と触れ合うきっかけをつくれないか」と思案を巡らせて出たアイデアに「幅広い年代で楽しめるガイドができたと思う」と胸張る。

 ○…幼少期から自然と触れ合うことが好きだった。大学では野生生物を調査する研究室に所属。鳥に焦点を絞り、住環境との関係性などを調査していくうち、「卒業後は環境や自然と関わる仕事に就きたい」という思いがふつふつと沸いてきた。夢はどんどん広がり「子どもたちに自然体験をしてもらいたい。身近な自然を守る一助になりたい」と具体的に。社会人デビューの今年4月から、狩場町にある児童遊園地内の「環境活動支援センター」での勤務が決まった。

 ○…堂々とハキハキとした話口は、中学・高校に汗を流した演劇部での経験が生きている。休日は舞台を見たり、野鳥の観察をしてみたり、野菜を使った料理に挑戦してみたりと、私生活でも興味は尽きない。最近はカメラも気になるそうで「計画的に貯金をして、いつかは一眼レフデビューをしたいな」と目を輝かせる。

 ○…センターの仕事は「発見と勉強の毎日」。親子イベントでは子どもたちのエネルギーに圧巻されることも。「子どもたちを惹きつける方法は年代によって様々。子どものリアクションと季節にあったテーマを工夫するのが楽しい」。移り変わる四季にあわせ、園内の木々や鳥たちも日々姿を変える。「今は、園内で初めて迎える冬と春がどんな様子なのかが楽しみ」。園内の動植物と共に日々成長中だ。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

寺坂 悦郎さん

保土ケ谷区商店街連合会の会長に就任した

寺坂 悦郎さん

上星川在勤 65歳

10月21日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

月見台在住 78歳

10月14日号

村瀬 悠さん

「あったかほどがや寄付」のロゴマークを作成した

村瀬 悠さん

横浜国立大2年生 

10月7日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月30日号

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook