保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

正社員雇用 8割「当面維持」 横浜市調査で企業回答

経済

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は12日、景況・経営動向調査の結果を公表した。通常調査と合わせ今回は新型コロナウイルス感染症の影響と雇用状況に関する調査を実施。正社員の雇用人員については8割を超える企業が「当面維持していく」と回答した。市内企業と市内に事業所を置く1千社に調査票を送付。8月から9月にかけ587社から回答を得た。

 コロナ禍における今後の雇用人員について聞いた設問では、正社員の雇用は82・5%、パートタイム労働者などについては74・6%の企業が維持していくとした。正社員を「増やしていく」と回答したのは11・2%、「減らしていく」は5・8%だった。一方、パートタイム労働者などについては「減らしていく」(7・0%)が「増やしていく」(4・6%)を上回った。

 新型コロナが業務に与えた影響については、80・2%が「マイナスの影響があった」と回答。「プラスの影響があった」は3・1%にとどまり、「影響はない」とした企業は15・8%だった。5月25日の緊急事態宣言解除以降に「マイナスの影響が強くなった」とした企業は34・0%で、「マイナスの影響が弱くなった」(32・9%)を上回った。

 新型コロナの流行に起因する従業員の休業については、「実施した」(現在はしていない、現在も継続の合計)が51・4%。「実施していない(今後の予定もない)」は44・8%だった。

 従業員の休業を実施した企業の中で、雇用調整助成金を活用した割合は55・5%に上り、「活用を検討している」(20・6%)を合わせると7割を超えた。「新しい生活様式」の業種別ガイドラインに基づく新型コロナ感染症拡大防止策については、7割超が「取り組んでいる」と回答。「検討している」は15・2%で、「ガイドラインを知らない」は9・2%、「ガイドラインを知っているが、取り組んでいない」は1・9%だった。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

救急出場件数が9年ぶりの減少

【Web限定記事】保土ケ谷消防署

救急出場件数が9年ぶりの減少 社会

2020年の概要まとまる

2月25日号

今年も熱いサポート

満天の湯

今年も熱いサポート スポーツ

横浜FCに入浴パス進呈

2月25日号

苦境に立つ飲食店を支援

【Web限定記事】ほどがやお弁当まつり好評開催中

苦境に立つ飲食店を支援 社会

2月25日号

旬な地場野菜ズラリ 感染対策講じ朝市

【Web限定記事】

旬な地場野菜ズラリ 感染対策講じ朝市 社会

保土ケ谷区役所前広場で2月26日

2月25日号

余った食材、未使用食品お持ちください

【Web限定記事】フードドライブ

余った食材、未使用食品お持ちください 社会

保土ケ谷区役所で2月26日

2月25日号

保土ケ谷区内の地域活動や市民活動を後押し

【Web限定記事】区役所が補助金応募団体募集中

保土ケ谷区内の地域活動や市民活動を後押し 社会

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:30更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク