保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

正社員雇用 8割「当面維持」 横浜市調査で企業回答

経済

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は12日、景況・経営動向調査の結果を公表した。通常調査と合わせ今回は新型コロナウイルス感染症の影響と雇用状況に関する調査を実施。正社員の雇用人員については8割を超える企業が「当面維持していく」と回答した。市内企業と市内に事業所を置く1千社に調査票を送付。8月から9月にかけ587社から回答を得た。

 コロナ禍における今後の雇用人員について聞いた設問では、正社員の雇用は82・5%、パートタイム労働者などについては74・6%の企業が維持していくとした。正社員を「増やしていく」と回答したのは11・2%、「減らしていく」は5・8%だった。一方、パートタイム労働者などについては「減らしていく」(7・0%)が「増やしていく」(4・6%)を上回った。

 新型コロナが業務に与えた影響については、80・2%が「マイナスの影響があった」と回答。「プラスの影響があった」は3・1%にとどまり、「影響はない」とした企業は15・8%だった。5月25日の緊急事態宣言解除以降に「マイナスの影響が強くなった」とした企業は34・0%で、「マイナスの影響が弱くなった」(32・9%)を上回った。

 新型コロナの流行に起因する従業員の休業については、「実施した」(現在はしていない、現在も継続の合計)が51・4%。「実施していない(今後の予定もない)」は44・8%だった。

 従業員の休業を実施した企業の中で、雇用調整助成金を活用した割合は55・5%に上り、「活用を検討している」(20・6%)を合わせると7割を超えた。「新しい生活様式」の業種別ガイドラインに基づく新型コロナ感染症拡大防止策については、7割超が「取り組んでいる」と回答。「検討している」は15・2%で、「ガイドラインを知らない」は9・2%、「ガイドラインを知っているが、取り組んでいない」は1・9%だった。

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

「音読」で脳活性

「音読」で脳活性 社会

公会堂で27日

10月14日号

エンディングノート学ぶ

落語で楽しみながら

エンディングノート学ぶ 社会

先着40人、10月27日

10月14日号

懐かしの市電の姿も

市営交通の歩み映像で回顧

懐かしの市電の姿も 社会

岩間市民プラザで11月

10月14日号

横浜マイスターに選定

月見台在住吉田昌義さん

横浜マイスターに選定 社会

椅子張りの高い技術 評価

10月14日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

10月14日号

横浜FC、ユース所属のDF・杉田隼選手が来季からトップチーム昇格

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook