保土ケ谷区版 エリアトップへ

2020年10月の記事一覧

  • 音楽監督に沼尻氏 就任

    神奈川フィル

    音楽監督に沼尻氏 就任 文化

    22年から3年間

     花見台の県立保土ケ谷公園内にある「かながわアートホール」を練習拠点とし、今年50周年を迎えた公益財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団はこのほど、沼尻竜典氏を...(続きを読む)

    10月1日号

  • 高齢者インフル接種、無料

    高齢者インフル接種、無料 社会

    コロナと同時流行防ぐ

     横浜市は県の財政支援を受け、きょう10月1日から12月末までの期間、高齢者のインフルエンザの予防接種を無料とする。新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエン...(続きを読む)

    10月1日号

  • 2会場で分散開催

    成人式

    2会場で分散開催 社会

    式典短縮し計8回

     横浜市教育委員会はこのほど、来年1月11日に開催する成人式の実施内容を発表した。新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、7月にはオンラインで開催する方針を示して...(続きを読む)

    10月1日号

  • ボランティアポイント

    ボランティアポイント 社会

    30日・31日、登録会

     介護施設などでボランティア活動を行うことで貯められる「よこはまシニアボランティアポイント」の登録研修会が10月30日(金)・31日(土)、星川地域ケアプラザ2...(続きを読む)

    10月1日号

  • 家族テーマに新企画

    家族テーマに新企画 社会

    SNSに投稿を

     コロナ禍で家族で過ごす時間が増えた今、家族の大切さを感じてもらう機会にしてもらおうと、保土ケ谷区役所が「思い出の写真を保土ケ谷で〜#ほどがや家族時間〜」と銘打...(続きを読む)

    10月1日号

  • 市内では年間9万4千トン

    10月は食品ロス削減月間

    市内では年間9万4千トン 社会

    「誰かじゃなく、私から」

     横浜市資源循環局3R推進課によると市内の家庭から出される燃やすごみの中には、本来はまだ食べられるにもかかわらず廃棄されている食品が年間およそ9万4千...(続きを読む)

    10月1日号

  • 地場野菜求め人出

    地場野菜求め人出 社会

    新様式で工夫凝らし開催

     川島町の農家が栽培した新鮮な地場野菜を販売する「ほどがや農家さんの朝市」が9月25日に開かれた。新型コロナウイルス感染拡大に伴い一時開催が見送られていたが、こ...(続きを読む)

    10月1日号

  • 書面で意見提案を募集

    地域のつどい

    書面で意見提案を募集 社会

     地域に関わる問題について住民が話し合う「地域のつどい」が、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から書面で意見・提案を受け付けることになった。地域課題の解決に...(続きを読む)

    10月1日号

  • 手製コンポストでごみ削減

    SDGsユースサミットで最優秀賞 坂本小2年永井美釉さん

    手製コンポストでごみ削減 教育

    海プラ問題に触れ「何とかしなきゃ」

     坂本小学校2年生の永井美釉さんが、段ボール製のコンポストを作りごみを削減する輪を広げようという取り組みを発表した「第3回ジャパンSDGsユースサミット」で最優...(続きを読む)

    10月1日号

  • 大花壇を公開中

    里山ガーデン

    大花壇を公開中 社会

    一方通行などで感染対策

     里山ガーデン=旭区上白根町=を期間限定で公開する「秋の里山ガーデンフェスタ」が10月18日(日)まで行われている。新型コロナによる県からの「不要不急の外出...(続きを読む)

    10月1日号

  • 英霊が帰ってきた思い出

    特別寄稿【2】

    英霊が帰ってきた思い出 社会

    筆者/三澤玉江さん 当時小学校5年生 現在87歳

     戦後75年が過ぎ、あの惨劇を語り継げる人が少なくなってきている。西谷町に暮らす三澤玉江さん(87)は当時、小学5年生だった。本紙では「後世に伝えよう」と三澤さ...(続きを読む)

    10月1日号

  • 区内唯一の田んぼにも実りの秋 訪れる

    区内唯一の田んぼにも実りの秋 訪れる 社会

     保土ケ谷区内に残る唯一の水田でも稲が順調に育ち、黄金色の絨毯が秋の訪れを告げている――。例年、この水田の一部では子どもたちが農業体験をする取り組みが...(続きを読む)

    10月1日号

  • 横浜保育室「曲がり角」

    横浜保育室「曲がり角」 社会

    定員、最大時の2割に減少

     1996年に市独自の制度として始まった「横浜保育室」。最大時は年間約5千人の子どもの預け先として機能していたが、制度変更などで定員は最大時の2割まで減っており...(続きを読む)

    10月1日号

  • 新・立民県連が船出

    新・立民県連が船出 政治

    代表に阿部氏

     旧立憲民主党と旧国民民主党などが合流した新たな立憲民主党の神奈川県連結成大会が9月22日、横浜市内で開かれた。国会議員11人を含む111人が参加。政権交代可能...(続きを読む)

    10月1日号

  • 選挙で屋根色決定へ

    かながわアートホール

    選挙で屋根色決定へ 文化

    きょうから投票受付

     花見台の県立保土ケ谷公園内にある「かながわアートホール」が10月下旬から来年3月までの間に行う大規模改修工事に合わせユニークな取り組みを始めた。「屋根いろ...(続きを読む)

    10月1日号

  • 歯科健診後に矯正をスタート

    歯科健診後に矯正をスタート

    鶴ヶ峰 たけのうち矯正歯科

     鶴ヶ峰駅徒歩1分の矯正歯科専門クリニック「たけのうち矯正歯科」。同院では日本矯正歯科学会認定医の竹之内裕行院長が、すべての治療を担当。竹之内院長は「高い専門性...(続きを読む)

    10月1日号

  • 「辛い股関節痛に」

    重度股関節障害・超高齢にも対応

    「辛い股関節痛に」

    草場センター長就任インタビュー

     年間360件の人工股関節手術の実績がある座間総合病院人工関節センターの新センター長・草場敦医師(10月1日就任)に話を聞いた。―一般的...(続きを読む)

    10月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook