保土ケ谷区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

「健康の第一歩は『健口』から」 保土ケ谷区歯科医師会 「自己判断せず、治療は継続を」 「歯科治療は不要不急ではありません」

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症をめぐり、歯科治療への不安を煽るような一部報道があったことから、歯科治療を敬遠し、むし歯治療やメンテナンスを自己判断で中断してしまうケースが報じられている。こういった実態に対し、保土ケ谷区歯科医師会の鹿郷満保会長=写真=は「正しく恐れ、定期的な通院の継続を。通院を中断することで口腔ケアが行き届かず、順調だった治療が振り出しに戻ってしまうケースもある」と警鐘を鳴らす。

誤嚥性肺炎や全身疾患に影響も

 治療の緊急性については痛みや腫れなどを放置すると重症化や全身疾患の影響もあるという。歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などを生じることも懸念される。

 また、義歯を装着せず「噛めない状態」が続くことは全身の健康を損なうことにも繋がるという。その上で「必要な治療は継続を。まずはかかりつけ歯科医に御相談を」と呼び掛けている。

歯科治療を通じた感染報告はゼロ

 歯科医師や衛生士は日頃からマスクやグローブ、ゴーグルの着用など感染症対策をとっている。これまで歯科治療を通じた新型コロナウイルスへの感染報告はない。

保土ケ谷区歯科医師会

正しく恐れ、必要な治療は継続を。歯科治療は「不要不急」ではありません

http://www.hodogaya-shika8020.org/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

便秘は病気のサイン?今こそ腸活‼

【医師の無料講座】便秘にいい食事・生活習慣と最新治療法

便秘は病気のサイン?今こそ腸活‼

3月14日(日)、会場講座とWEB講座から選択可能

2月25日号

「相続の悩み解決個別相談会」

相続専門家が無料相談

「相続の悩み解決個別相談会」

2月21日(日)まつばらんど

2月11日号

タイアップ記事が5万〜

タイアップ記事が5万〜 経済

ご近所サイト「レアリア」

2月4日号

非常勤職員を募集

横浜市区役所

非常勤職員を募集

看護師等の資格活かせる

2月4日号

「不動産に関する事で お困りはないですか」

「不動産に関する事で お困りはないですか」

宅建協会の無料相談が好評

2月4日号

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

新サービス「住んだまま買い取り」が好評

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:30更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク