保土ケ谷区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

ほどがや元気村 区内唯一の水田で稲作 小学生対象に体験教室

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
稲を収穫する参加者
稲を収穫する参加者

 保土ケ谷区内に残る唯一の水田で稲作作業などを体験することができる「ほどがや☆元気村」(泉俊郎村長)が主催する「どろんこ教室」の参加者募集が始まった。

 「子どもたちに食と農の大切さを知ってもらおう」と始まった同所での稲作体験プロジェクトは2009年にスタート。フィールドとなる帷子川沿いの水田は区内唯一の稲作農家・三村敦夫さんが所有しているもので、「元気村」の取り組み趣旨に賛同し、600坪の田んぼのうち100坪ほどを毎年、子どもたちの稲作体験の場として提供している。

 三村さんによると高度経済成長期を境にそれまで区西部域を中心に広がっていた田園風景は昭和40年ごろから減少の一途を辿り、2000年を迎えるころには三村さんが所有する帷子川沿いの水田が区内唯一の田んぼとなったという。

 募集対象は区内在住・在学の新4年生〜6年生で定員は40人(応募多数時は抽選・未経験者優先)。参加費は2500円(保険料・収穫野菜の試食・お土産付)。希望者は2月26日必着でハガキに郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、4月時点での学校名・学年、応募動機を明記し、〒240─0001川辺町2の9区役所生涯学習支援係「ほどがや☆元気村担当」へ。メール(ho-genkimura@city.yokohama.jp)からの応募も可能。

実行委員を養成

 実行委員(ボランティア)を養成する講座の受け付けも始まっている。高校生以上で農業や子どもとの交流、地域活動に興味がある人が対象。農家の指導のもと、子どもたちと一緒に米や野菜づくりなどを基礎から学ぶため、経験がなくても参加可能。講座は3月6日(土)、13日(土)の2回で受講料は無料。申し込み等、詳細・問合せは同係【電話】045・334・6308。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

結成40周年を祝う

横浜たちばなライオンズクラブ

結成40周年を祝う 社会

記念事業でウクライナ人道支援など

5月26日号

純度100%和田産蜂蜜

和田昭和建設

純度100%和田産蜂蜜 社会

養蜂場は社屋ビル屋上

5月26日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook