保土ケ谷区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

スギ花粉 「例年並みの飛散量」 県自然環境保全センターが見通し

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 今春のスギ花粉飛散量に関し、県自然環境保全センター(厚木市七沢)はこのほど、「ほぼ例年並み」との予測を発表した。調査は県内の森林地帯を4つの地域に分類し、合計30カ所で実施。それぞれのポイントで40本のスギを抽出し、双眼鏡などで1本ごとに着花状況を4段階で点数化し、その平均値を調査箇所の着花点数とした。今回の調査で30カ所の平均値は48・7点で、過去24年間の平均44・8点を上回ったものの、過去5年では中間の値だった。

 スギは2月から4月に花粉を多く飛散させる。花粉を飛散するのは雄花のみで、この着花量を調査することで花粉飛散を予測する取り組みを県は1997年度から毎年実施している。今年度も昨年11月に県内30カ所の測定ポイントで、着花状況を調査した。

夏場の気象が要因

 同センターによるとスギの雄花の着花形成は花粉が飛散する前年夏の気象条件との相関が高く、気温が高く、少雨で日照時間が多い時は着花形成が促進され、雄花が多く着く傾向にあるという。

 昨年は7月の気象状況をみると平均気温は平年の96%だが、降水量は217%と平年の倍以上で日照時間は平年の33%と雄花の着花が少なくなる気象条件だった。8月は平均気温は平年の109%と大幅に高く、降水量は平年の14%と極端に少なく、日照時間は平年比147%と雄花の着花が多くなる気象条件が整った。同センターでは「7月、8月で極端に異なる気象要因だったが、結果的に平均程度の着花になったと推定される」としている。

今春1万本出荷

 同センターでは花粉の発生源対策として花粉の少ないスギ・ヒノキの品種の選抜と実用化などを行っている。また花粉を飛散させない「無花粉スギ・ヒノキ」の開発も進めており、今年の春には1万本程度の苗木を生産する予定となっている。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

3年間の軌跡

中学・高校部活動紹介

3年間の軌跡 文化

1月14日号

太田市議が出馬意向

横浜市長選

太田市議が出馬意向 政治

IR誘致に反対

1月14日号

多言語化を検証

ごみ分別会話形式案内

多言語化を検証 社会

アンケートで使用感聞く

1月14日号

「献血は不要不急にあたらない」

【Web限定記事】

「献血は不要不急にあたらない」 社会

緊急事態宣言発出で懸念

1月14日号

保土ケ谷の楽しい「コト」「モノ」発見

【Web限定記事】保土ケ谷区役所

保土ケ谷の楽しい「コト」「モノ」発見 社会

コロナ禍でイベント中止相次ぎ、WEBにコンテンツ集約

1月14日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク