保土ケ谷区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

星川在住野木さん 古来の正月飾り自宅で公開 「日本の伝統 知って」

社会

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena
小正月で使用する道具と野木さん
小正月で使用する道具と野木さん

 近年ではあまりみられなくなった大正月と小正月に行う「トシガミ迎え」の儀礼に使用する道具が、野木初男さん宅(星川3の7の11)で2月20日(土)頃まで公開されている。展示されている道具には、先祖代々大切に受け継がれてきた年代物も多数。野木さんは「日本古来の伝統を多くの人に知ってもらいたい」と話している。

 1月1日の大正月は本来、来訪するトシガミを各家で迎え入れる期間。一方で小正月は1月15日前後を指し、トシガミに豊作を願ったり、どんど焼きなどの祭祀が行われている。

 野木さんの家庭ではこの大正月と小正月の時期にあわせて毎年、トシガミを迎える諸儀礼を欠かさず行っている。

 摩擦の力で火を起こす「舞錐(まいぎり)」で若火を焚いて提灯に移し、寅の刻(午前4時前後)に若水を汲んで沸かし--。トシガミを清らかな場所で迎えるために必要な工程は「数えきれないほどあって大変」というが、それでも毎年継続するのは「正しい作法でトシガミ様をお迎えしないと、正月が来た気がしない」からだという。

 野木さんに聞くと、昭和30年代頃までは区内でも同様の儀礼を行う家もあったが、近年では県内を見渡しても儀礼を行う家庭は稀になっているという。

 展示されている道具は40点以上。県立歴史博物館に展示していたものもある。観覧を希望する場合は野木さん【電話】090・5307・1484へ問い合わせを。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「孤立防止」に力点

区地域福祉保健計画

「孤立防止」に力点 社会

ポイントは担い手発掘

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter