保土ケ谷区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

西谷在住天野トシ子さん 94歳の現役スイマー 30年以上に渡り 世界大会で力泳

スポーツ

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
天野トシ子さん(左)とまち子さん
天野トシ子さん(左)とまち子さん

 マスターズ水泳界において世界最高峰の舞台とされる「世界マスターズ水泳選手権」。1986年から2年に1度の頻度で開催されている同大会に、第1回からほとんど欠かさず出場を続けている現役スイマーが西谷在住・御年94歳の天野トシ子さん=人物風土記で紹介=だ。現在は娘のまち子さんのサポートを受けながら、週に1度の練習を続けている。

 トシ子さんが水泳を始めたのは小学生の頃だった。通っていた小学校に当時としては珍しくプールがあり、授業で習ううちにその魅力に引き込まれていった。

 結婚後はプールから離れていたが、52歳のときに夫が死去。「自分の時間ができたこと」をきっかけに再びプールに通うようになった。1986年、東京の代々木オリンピックプールで開催された「第1回世界マスターズ水泳選手権」に出場したときは60歳だった。

 水泳の4泳法と言われるクロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライは全て泳ぎこなす。中でも特に得意としているのはクロール。2019年に韓国の光州で開催された世界選手権では100mの自由形に出場した。当時93歳と大会出場選手の中で最高齢のスイマーが悠々と泳ぐ姿に、会場中から拍手が送られた。

 トシ子さんは足腰が悪く長距離の移動やプールサイドでは車いすが必要なためケアマネージャーの娘・まち子さんが熱心にサポート。毎週土曜日まち子さんが付き添い、港北区の日産ウォーターパークに通って練習を重ねている。担当のトレーナーによると、1日の練習で800mほど泳いでいることもあるという。

 今年の夏に九州で開催される世界マスターズにも出場予定だったが、東京五輪の日程変更を受けて来年へ延期に。それでも週に1度の「大好きなプールの時間」は欠かず続ける。「母はとても努力家。人を惹きつける魅力もあって、大会にでれば周りにお友達がたくさん集まってくるんです」とまち子さん。トシ子さんは「次の大会が楽しみね」と優しく微笑んだ。

力泳するトシ子さん(提供)
力泳するトシ子さん(提供)

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

現職2人と新人が準備

衆院選6区

現職2人と新人が準備 政治

立民・維新・自民の三つ巴か

4月22日号

再生プラでチームグッズ

横浜FC

再生プラでチームグッズ 社会

ボトルキャップ50gで進呈

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter