保土ケ谷区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

vo1.437 ミルキーJr.モカのほどがや 「春一番」

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena

 ボクはミルキーJrモカ。瀬戸ヶ谷町に住む14歳のミニチュアシュナウザー。皆さんいかがお過ごしですか?

 寒い冬から春に移り変わる頃「春一番」という言葉を耳にするでしょう。立春から春分の頃までに、その年初めて南から吹く、暖かで風速8メートル以上の強い風のこと。立春の前や春分を過ぎて、南から強い風が吹いても、春一番とは言わないの。2015年には東京、2019年には近畿東海地方では春一番が吹かなかったそうだよ。

 今では、春を待つ期待を込めた表現のように思う「春一番」だけれど、1859年3月17日に、長崎県の漁師53名が強風のために船が転覆して遭難してしまったの。この頃に吹く強い風が「春一番」として恐れられ、広く知られるようになったのだそう。春一番が吹いた次の日は、寒の戻りで寒くなるのが決まりごとのようだ。

 さて、春一番の頃に気になるのが花粉だね。2月上旬に始まって、3月上旬から下旬がボクたちの住む地域でのスギ花粉のピークと予想されている。

 飛散量は例年並みか少なめ。今は、コロナ禍によってマスク着用がマナーになっているので、初期の症状の感じ方が弱いかもしれないね。

 ボクたち犬族は、マスクの習慣がないので飼い主さんが見極めてね。

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や耳のかゆみ、涙目、目やに、目の充血、外耳炎、発疹など、人と同じような症状がでるの。

 犬族の花粉症が初めて知られたのは、1995年のアメリカだった。いつまでも一緒に楽しく過ごすために、ボクたちの体調管理をお願いします。

次回「弥生」

今日の誕生花「ボケ」

花言葉「平凡」
 

保土ケ谷区版のコラム最新6

「遊んで学べる畑」を

「遊んで学べる畑」を

自然菜園あかね空

4月22日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月22日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.440

ミルキーJr.モカのほどがや

「五月」

4月15日号

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載1

法話箋 〜鹿苑〜

「ごあいさつ」

4月8日号

成人の矯正治療

あなたの街の歯医者さんが教えます―

成人の矯正治療

4月8日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter