保土ケ谷区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

【Web限定記事】保土ケ谷消防署 救急出場件数が9年ぶりの減少 2020年の概要まとまる

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena

 保土ケ谷区内で2020年に発生した、救急出場件数(速報値)がこのほどまとまった。救急出場件数はこれまで最多だった前年を552件下回った。

 横浜市消防局の発表によると、横浜市内の救急出場件数は19万4639件で、前年比1万7756件の減少。保土ケ谷区内でも、1万817件で前年比552件減少した。

 区内の出場件数は2010年に過去最多を記録して以降、毎年増加の一途をたどっていたため、9年ぶりの減少となった。市内の事故種別としては全て減少しているものの、特に交通事故の減少率が14%と高くなった。

区内は一般負傷が「増加」

 市内ではすべての事故種別において減少が記録されている一方、区内では住宅内での転倒・転落、やけど、熱中症などが該当する「一般負傷」は増加している。保土ケ谷消防署は「救急出場全体の5割を占めるのが高齢者。高齢者は自宅でのケガが多いので、玄関マットやこたつのコードでの転倒しないように、ケガの予防や予防救急を引き続き広報していきたい」と話した。

#7119の活用を

 救急出場件数は今後さらに増え続けると予想されている。同署は「救急車を呼ぶか迷った場合は『#7119』の救急相談センターへ電話をするか、市HPの救急受診ガイドを利用してください」と救急車の適正な利用を呼び掛けている。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

バス時刻表で地域貢献

ベンリー千丸台店

バス時刻表で地域貢献 社会

4月1日のダイヤ改正に伴い

4月22日号

配達員向けの安全講習会

ウーバーイーツ

配達員向けの安全講習会 社会

運転技術・マナー向上図る

4月22日号

アフリカ現代アート150点

アフリカ現代アート150点 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

4月22日号

糖尿病のあれこれ医師ら指南

健康講座

糖尿病のあれこれ医師ら指南 社会

釜台町の横浜保土ケ谷中央病院

4月22日号

春の自然観察会

春の自然観察会 教育

常盤公園で24日

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter