保土ケ谷区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

仏向小学校5年2組 再生プラでエコバッグ 総合的な学習 集大成

教育

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
商店街でバッグを手にする児童
商店街でバッグを手にする児童

 仏向小学校の5年2組の児童35人が「総合的学習の時間」で1年間取り組んできた「BUKKOリサイクルプロジェクト」の集大成として製作したオリジナルエコバッグが、和田町商店街で販売されている。プラスチックごみ問題を通じ、リサイクルの大切さを伝えようと作ったバッグの素材には再生プラスチックが使われている。

 自ら課題を見つけ、主体的に問題を解決する資質や能力を育てることを目的とする「総合的学習の時間」。同学級では「エコ」をテーマに1年間、学習を進めてきた。

 テーマ選定のきっかけとなったのが細かく砕かれたプラスチック片を海洋生物が体内に取り込む社会問題だった。1988年をピークに日本国内の漁獲量は減少に転じている。その原因のひとつが餌と誤飲し胃の中にたまったマイクロプラスチックだ。

 授業ではリサイクル活動に取り組む事業者から「プラごみ問題」について講義を受け、学校近くにある公園などでフィールド調査も実施した。

自分たちも行動を

 学びを進めるうちに「自分たちは世の中に対してエコなことをしていないのでは」と考え始めた子どもたちは、「自分たちも行動を」と思案。たどり着いたのが「エコバック」の製作だった。

 素材には使用済みのストローなどを使った再生プラスチックを採用。「みんなでなくそうポイ捨てゴミ」とメッセージがデザインされている。

26店舗が協力

 1年間学んできた「リサイクルへの思い」を地域の人にも伝えたいと、エコバックの販売について相談を受けた和田町商店街は委託販売を快諾。2月末から26の店舗で販売が始まると、「小学生の思いの詰まったバック」はすぐに話題を集めた。児童のひとり渋谷茅友紀さんは「たくさんの人にバッグを買ってもらえて嬉しい。プラごみのことを知ってもらう機会になれば」と話した。

 販売価格は1枚450円で50円は店舗の売上となり、残る売上金で花を購入し、新型コロナウイルス治療で最前線に立つ医療従事者や消防関係者に手紙を添えて贈る計画だという。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

国大生が子ども食堂

県営笹山団地

国大生が子ども食堂 教育

地域の「居場所」めざす

6月30日号

バリアフリー化前進

羽沢横浜国大駅周辺地区

バリアフリー化前進 社会

住民提案受け基本構想作成

6月30日号

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook