保土ケ谷区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

南北の行き来が容易に 1階自由通路がオープン

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
自由通路のイメージ(上)と通路内のエスカレーター
自由通路のイメージ(上)と通路内のエスカレーター

 星川駅の南北を結ぶ、駅1階の自由通路が3月27日にオープンした。これにより、区役所や警察署などがある北口と、交通広場が整備される予定の南口が地上で行き来できるようになった。

 自由通路の開通は、現在進められている「相模鉄道本線(星川駅〜天王町駅)連続立体交差事業」の一環。これまで星川駅の南口と北口を行き来するには、2階の駅舎を通る必要があった。

 新設された自由通路は24時間利用可能で、1階部分で南口側と北口側の往来ができる。通路には2階の改札へつながる新しい階段やエレベーター、エスカレーターも整備されている。

 なお、通路内のエレベーター新設に伴い、北口の階段横にあったエレベーターは使用できなくなった。

 オープン日の27日には、早速自由通路を歩く住民の姿も多く見られた。幼い子どもを連れて通路を利用していた星川に住む女性は「自由通路は段差もなく、車も通らないのでベビーカーを押しているときでも安心。便利になったと感じる」と話していた。

高架下の活用検討

 2022年度には南口交通広場の供用開始が予定されるなど、星川駅周辺のまちは大きく変化している途中だ。

 保土ケ谷区は昨年12月、連続立体交差事業が進められている星川駅から天王町駅周辺の魅力的なまちづくりを推進するため、相鉄グループ3社((株)相鉄アーバンクリエイツ・(株)相鉄ビルマネジメント・相模鉄道(株))と協定を結んだ。

 相鉄アーバンクリエイツ(株)担当者によると、星川駅周辺の高架下の有効活用については、地域特性と住民の意見を参考にしながら「利便性が高く魅力あふれるまちづくり」に向けて計画を練っていく方針という。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

児童見守り12年

児童見守り12年 社会

宮田町・小川勘七さん

4月15日号

年間約900人が返納

運転免許証

年間約900人が返納 社会

「卒業証書」も配布中

4月15日号

8月22日投開票

横浜市長選挙

8月22日投開票 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

花壇ボラ募集中

花壇ボラ募集中 社会

県立保土ケ谷公園

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter