保土ケ谷区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める 梅本 千晶さん 月見台在住

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

日米友好の桜、これからも

 ○…ワシントン・ポトマック河畔の桜並木の生みの親である米国人紀行作家のシドモア。山手の墓前に米国から里帰りした桜が植えられて30年になる。それを記念して、3月には市庁舎近くの大岡川沿いで植樹式が開かれた。「シドモア桜の会 横浜」の活動開始のタイミングでもあり、同会のお披露目にもなった。

 ○…前身は1987年3月の墓前祭を機に発足。近年はメンバーの高齢化もあり、目立った活動が行われていなかった。母が発足時からのメンバーだったことから、前代表の恩地薫さんとは顔見知りの仲だった。日米友好の象徴であるシドモア桜を啓蒙する重要な役割に、今後の活動がどうあるべきか頭を悩ませていた折、恩地さんから「続けて欲しい」と思いを託された。

 ○…横浜育ちのハマッ子と自負する。父の仕事の関係で高校生の頃にドイツへ。大学卒業後も同国系の金融機関に就職し赴任。ドイツでの生活は約11年に。通信社に勤務する夫とはベルリンで出会ったという。その後、夫の仕事の関係で米国へ。ニューヨークやワシントンに駐在し、米国暮らしも10年以上に。夫は仕事柄、不在にすることも多く、3人の息子を連れて、「車で500キロメートルくらい平気で移動してました」と懐かしむ。2016年に乳がんを患ったが、米国の友人の励ましにどれほど勇気づけられたことかと目頭を熱くする。

 ○…(一社)美港都市横浜を創る会の理事も務める。「全米桜祭りのように、横浜の桜の名所をつなぎ、横浜の歴史を知ってもらうような催しを開きたい」と構想を膨らませる。行動力の源泉は「何でもやってみたい」という好奇心。桜を愛したシドモアの様に「日米友好にも尽くしていきたい」と語る。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

萩原 聡敦さん

(公財)横浜市老人クラブ連合会主催のかがやきクラブ横浜将棋大会で優勝した

萩原 聡敦さん

今井町在住 62歳

6月3日号

寺山 洋司さん

権太坂境木自治会で150号の発行を迎えた「安全・安心たより」の発案者

寺山 洋司さん

55歳

5月27日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

5月20日号

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

月見台在住

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter