保土ケ谷区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

兵藤獣医師 アニマル基金を設立 発足記念し本出版も

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
財団を立ち上げた兵藤さん
財団を立ち上げた兵藤さん

 兵藤動物病院=岩井町=の代表を務める獣医師・兵藤哲夫さんが、動物愛護福祉活動を支援する財団「兵藤哲夫アニマル基金」を立ち上げた。3月22日には、基金発足と自身の獣医業60年を記念し、これまでの獣医師としての歩みを振り返る書籍『動物病院119番 感謝』を発行した。

長年動物福祉に尽力

 愛犬の死から「動物を救いたい」と獣医師を志した兵藤さん。1963年に同院を開業し、当時動物愛護の意識が希薄な世の中にありながら組織的に譲渡会などを展開する「日本動物福祉協会」に魅せられ入会。以来精力的に活動し、現在は同協会理事を務めながら、県動物愛護協会顧問、市獣医師会前理事、元環境省動物愛護部会審議委員といった経歴を持つ。

 兵藤哲夫アニマル基金は「これまで動物たちから受けた恩を、恵まれない環境にいる動物に返したい」と兵藤さんが個人資金で立ち上げたもの。財団では、動物愛護福祉活動をする団体や個人に資金助成を行うほか、兵藤さんや外部講師が正しい動物愛護の知識を広めるための勉強会を開催するなど支援事業を行う。

 3月末までの間に、日本動物福祉協会で長年付き合いのある30団体に対し1団体10万円を寄付。さらに、泉区で地域猫の支援をする団体に請われ、法律に基づいた譲渡の仕方などを指南する講演会も開いてきた。

 兵藤さんは「動物が幸せに暮らせる社会の実現に向けて、ずっと活動していきたい」と語った。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook