保土ケ谷区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

和田西部町内会 工夫凝らし防災力高める ポイントは「楽しみながら」

コミュニティ社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
クイズ正答者にはゴール地点でプレゼントが手渡された
クイズ正答者にはゴール地点でプレゼントが手渡された

 和田西部町内会(宇佐美勝彦会長)が10日、地震発生直後に建物倒壊などの危険から逃れるため、住民が一時的に避難する「いっとき避難場所」や防災拠点を住民らに再認識してもらうことなどを目的とした防災イベントを開いた。

 東日本大震災発災前から地域内の要援護者名簿を作るなどし、防災意識を高める取り組みを進めてきている同町内会。9年前から始まった防災フェアは「ありきたりな防災訓練ではなく、楽しみながら防災意識を高め、地域防災力を高めよう」と瓦礫を模した木材の上を歩くなど「体験」をテーマにした企画を用意し、「楽しみながら『いざ』に備える」取り組みを展開している。

 この日は町内7つの「いっとき避難場所」と防災拠点となっている保土ケ谷中学校をクイズに答えながら巡り歩くイベントを企画。地域に暮らす親子らがラリーシートを手に町内を巡った。小学1年生の息子と参加した父親は「子どもたちも楽しみながら避難場所を知ることができる企画でとても有意義だった」などと話した。

 「いっとき避難場所」は各地域の防災組織(自治会町内会)がそれぞれ指定している。看板などが設置されているが住民への浸透度は低い現状がある。宇佐美会長は「仕組みが大切。工夫を凝らした企画をこれからも生み出し、地域防災力を高めていければ」と話した。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook