保土ケ谷区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

コロナの不安を軽くしたい 自民党衆議院神奈川6区支部長 古川なおき

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena

「ファストドクター」のモデル事業開始

 コロナ第5波では救急搬送困難な事例が多発し、病床確保がままならず、自宅療養者への迅速な対応が大きな課題となりました。

 8月26日、私は、夜間などに体調が急変した時、電話等で医師や看護師が対応し、病状を確認の上で自宅に医師を派遣する医療機関「ファストドクター」の菊池亮代表医師とともに、市の健康福祉局長や医療局長などと、協力の可能性について意見交換を行いました。結果、港北区でのモデル事業の継続と、他の区への拡大を検討することとなり、医療提供体制を強化することができたと思います。

コロナ対策に責任を持つ

 横浜市は、今年9月議会で令和3年度補正予算として、自宅療養者を対象とする抗体カクテル療法やステロイド療法の実施を支援する予算を計上しました。さらに田村厚労大臣は、医師の往診による自宅での抗体カクテル療法の実施を認めました。

 自宅療養者に対する治療の充実は、私たち市民にとって大きな安心につながります。いつまで続くか分からないコロナ禍の中、できることを着実に実行するのが政治家の本分だと肝に銘じ、引き続き責任あるコロナ対策に取り組みます。自民党衆議院神奈川6区の支部長としても頑張ります!

古川なおき事務所

事務所/横浜市旭区中希望が丘199-1

TEL:045-391-4000
FAX:045-366-9700

http://www.furukawa2002.com/

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

もっと暮らしやすい保土ケ谷に!

皆さまの声をカタチに! 市政報告 57

もっと暮らしやすい保土ケ谷に!

横浜市会議員 斉藤伸一

11月25日号

安心・安全な防災に強いまちづくり「住み続けたいまち 横浜」を目指して

市政報告

安心・安全な防災に強いまちづくり「住み続けたいまち 横浜」を目指して

自由民主党 横浜市会議員 青木りょうすけ

11月18日号

国民のくらしを底上げし、尊厳ある健康長寿社会を実現

多様性を認め合い、ともに支え合う社会をつくる 意見広告

国民のくらしを底上げし、尊厳ある健康長寿社会を実現

衆議院議員3期 あおやぎ陽一郎

10月14日号

人の絆を大切にする国へ

人の絆を大切にする国へ

自民党衆議院神奈川6区支部長 古川なおき

10月14日号

政策を示し国民の受け皿となる

国民の声に寄り添う政治を 意見広告

政策を示し国民の受け皿となる

衆議院 3期 あおやぎ陽一郎

10月7日号

コロナの不安を軽くしたい

コロナの不安を軽くしたい

自民党衆議院神奈川6区支部長 古川なおき

9月30日号

横浜市保土ヶ谷区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook