保土ケ谷区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

天王町 橘樹神社で奉納歌舞伎 子どもたち12人が21日

文化

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
本番を直前に控え稽古する子どもたち
本番を直前に控え稽古する子どもたち

 天王町の橘樹神社内にある神楽殿で11月21日(日)、子どもたちによる奉納歌舞伎の公演が行われる。子どもたちに日本の伝統芸能を継承していくことを目的に、文化庁の地域文化財総合活用推進事業の一環として行われる取り組み。4歳から9歳まで12人の子どもたちが8月から週に一度、専門家から指導を受けながら、稽古を重ねてきた。

 「保土ケ谷こども歌舞伎」は2013年から地元商店街が主催する取り組みとしてスタート。毎年、秋に子どもたちが神楽殿に立ち歌舞伎を奉納している。例年、境内には立ち見が出るほどの観衆が集まり、艶やかな着物をまとった子どもたちが可愛らしくも、本格的な見得を切る度に、観衆から威勢の良い掛け声がかかり、飴玉が入った「おひねり」が飛び交う。しかし昨秋はコロナ禍で中止となっていた。2年ぶりの公演を前にYCVテレミン商店街の安田峰雄代表理事は「子どもたちの晴れ舞台を多くの方にご覧いただければ」と話している。

You Tubeで生配信も弁天娘女男白波「浜松屋見世先の場」

 2年ぶりの開催となる「保土ケ谷こども歌舞伎」で今回、披露する演目「弁天娘女男白波『浜松屋見世先の場』」は江戸の人々の日常をリアルに描いた世話物。

 娘に変装して浜松屋にやって来た弁天小僧が発する「知らざあ言って聞かせやしょう」の台詞も登場する場としても有名な演目だ。

地元有志が舞台設営に汗

 子どもたちの晴れの舞台を商店街や地域の大人たちが支えている。舞台の装飾などは商店街関係者らが手作り。連日、工具や筆を手に仕上げている。

 公演は2部制で午後2時からと午後4時30分から。観覧無料(人数制限有)。当日の模様はYouTubeで生配信される予定。配信は左記二次元コードを読み込むと視聴することができる。問合せは同商店街【電話】045・335・6659。

舞台装飾を手掛ける関係者
舞台装飾を手掛ける関係者

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

心躍る壁画お目見え

初音ヶ丘

心躍る壁画お目見え 社会

「こんな時こそ、上を向いて」

1月27日号

過去2番目を記録

2021年救急出場数

過去2番目を記録 社会

8月には月別の最多も更新

1月27日号

廃食用油回収し再資源化

廃食用油回収し再資源化 社会

区役所前広場で28日

1月20日号

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩 社会

苗木40本を植え付け

1月20日号

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook