保土ケ谷区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

シーサイドライン 上瀬谷新交通に参画せず 開業の見通し不透明に

社会

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 (株)横浜シーサイドラインは旧上瀬谷通信施設周辺で計画されている新交通の(仮称)上瀬谷ラインについて、市の参画依頼に関する経営方針裁定会議を11月16日に開き、採算性や継続性を理由に現時点で参画しない方針をまとめた。市は2027年に跡地で行う国際園芸博覧会に向け、年内に運行事業者を決める予定だったが大きな軌道修正を余儀なくされる。※20日起稿

 上瀬谷ラインは相鉄線瀬谷駅周辺に設ける(仮称)瀬谷駅から、跡地の(仮称)上瀬谷駅までの2・2Kmを新交通システムでつなげる事業。想定参加者数が1500万人の園芸博や、その後の跡地利用で検討されているテーマパーク構想に向け導入が計画されている。しかし、跡地の地権者とテーマパークを検討していた相鉄ホールディングス(株)が構想を断念。今は三菱地所(株)がその役割を担うが、具体的な内容は明らかになっていない。

 市は9月、金沢シーサイドラインを運行する同社に参画を依頼。同社では10月から16日まで3回にわたり、経営方針裁定会議を開催してきた。

 同社は参画しない理由に、上瀬谷ラインがテーマパークに依存した路線であり、その具体的な内容や来園者予測が不十分である点などを挙げた。また、行政手続きや工事期間など園芸博までの開業も困難とする。一方、再検討する場合の条件として路線延伸など鉄道ネットワークの充実、テーマパークの具体化に基づく需要予測や十分な採算性などを挙げた。

 同社は18日の常務会で方針を正式決定。11月末までに市に伝える予定。

 市は運行事業者を決めて今年度中に軌道法特許申請を行い、来年度から工事する計画だった。今回の結果で、開業に向けた計画が不透明になる。上瀬谷交通整備課の担当者は「正式な回答を待ち、今後の進め方を検討する」とコメントした。

「魅力ある路線を」

 跡地の地権者の一人である70代の男性は「残念だが、企業が収益や将来性を重視するのは当然。市は延伸計画を立てるなど魅力ある路線を目指すべきだ」と話す。また、地元の市会議員は園芸博までの開業が困難になるとして、「市は代替の交通手段を至急検討する必要がある」と訴えた。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

フォローで豪華賞品ゲット

保土ケ谷区公式ツイッター

フォローで豪華賞品ゲット 社会

1月31日までキャンペーン中

1月27日号

3回目接種 さらに前倒し

3回目接種 さらに前倒し 社会

市、28日から接種券発送

1月27日号

紙芝居を製作

川島地域ケアプラザ

紙芝居を製作 社会

開所10周年に合わせ

1月27日号

飛躍願う「年始の会」

県空調衛生工業会

飛躍願う「年始の会」 文化

業界の課題解決に意欲

1月27日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 社会

神奈川新聞の連載書籍化

1月27日号

駅の工事状況を動画配信

相鉄・東急直通線

駅の工事状況を動画配信 社会

鉄道・運輸機構が公開

1月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook