保土ケ谷区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

ワクチン接種 3回目は2月から本格化 市、12月下旬に通知開始

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の概要を11月26日に発表した。2回目接種を終えてから8カ月が経過した人から接種券を発送する予定で、12月20日に通知を始める。接種は2月以降に市内約1900カ所の医療機関などで行う。今年5月の予約開始時の混乱の反省から、区役所で代行予約を行う人員を増やすなどの策が講じられる。

 3回目接種は2回目を終えてから8カ月後に行うことが基本。横浜市民への接種は、今年5月中旬から本格的に始まった。早い人で来年1月に2回目の接種から8カ月が経過する。

 市は来年1月に接種可能となる市民7〜8万人に対して、12月20日に接種券を発送する。その後も2回目接種から原則8カ月以上経過した人へ順次接種券を発送する。

 接種場所は市内約1900カ所の医療機関。準備が整えば2月から接種を始め、1週間で合計約13万回を予定。1、2回目で各区の公会堂やスポーツセンターなどに設けた集団接種会場は、対象者がピークを迎える3月以降に設置する。場所は調整中で9〜13カ所を予定しており、全区に1カ所以上設置した1、2回目より少ない。合計で週4万回の接種を見込んでいる。1、2回目で横浜ハンマーヘッドを使って実施した大規模接種を行うかは未定。

 山中竹春市長は11月26日の会見で「今後、インフルエンザのように毎年接種する可能性があり、効率面から個別接種の割合を増やした」と説明。また、自治体の判断で高齢者施設の入居者に2回目接種から6カ月後に接種することを例外的に認めるよう、国に働きかけることも明らかにした。

 予約は接種券が届いた人から可能。市専用サイトと電話予約センター、医療機関への直接連絡で予約を行う。

区役所で代行予約

 今年5月に始まった予約では、接種券が届いたものの、接種会場や日時が紙媒体で示されず、ネットを使えない人から不満の声が出た。加えて、予約センターやコールセンターに電話がつながりづらい状況が続いて混乱が起きた。市はこの反省から、接種券と一緒に居住区か居住区と周辺の接種可能な医療機関一覧を送付できるよう準備している。さらに、各区役所に2人配置していた相談員を5人に増やし、その場で代行予約を行えるようにする。ワクチン接種に関する問い合わせはコールセンター【電話】0120・045・070。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

18人が決意新たに

18人が決意新たに 社会

消防団が辞令交付式

5月12日号

未成年の大麻 6年で10倍

神奈川県内

未成年の大麻 6年で10倍 社会

検挙者増加 背景にSNSや誤情報

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

40種のうんち並ぶ

40種のうんち並ぶ 文化

ズーラシアで30日まで

5月12日号

横浜市スポーツ栄誉賞に

フィギュア鍵山選手

横浜市スポーツ栄誉賞に スポーツ

5月12日号

個性的なキャラが説明

プラスチック資源循環法

個性的なキャラが説明 社会

市資源循環局が動画配信

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook