保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める 齋藤 夕羽希(ゆうの)さん 青葉区在住 20歳

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena

元気を与える存在に

 ○…回覧板で目にしたメンバー募集に「コロナ禍で色々な活動等が制限される中、同世代の仲間と一緒に何かに挑戦してみたい」と参加を決めた。オリジナル動画や冊子づくりなど初めての経験には苦労も多かったが「みんなが意見を言いやすい環境づくりを心がけて」と13人のまとめ役として奮闘した。6月からの活動を振り返り、「明日からも頑張ろうと思えるような、元気がもらえる式典になるはず」と開式の時を待ち望む。

 ○…実行委員は、学校や趣味、バイトなど、経験も価値観も異なる者同士。「同い年でも全然違う人生で。知らない話もたくさん聞け、自分の世界も広がった」と新たな仲間との出会いが一番の思い出になった。自身は、大学では法律を専攻する。きっかけは、高校で憲法を学んだこと。「同じ法でも色んな解釈があって奥深い。今興味があるのは会社法。他にも暗号資産についても学びたい」と探究心は広がっている。

 ○…折り紙や工作が好きだった幼少期。小学校のお道具箱の一角には、ドールハウスを手作りしていたという。一転、中学では「かっこいいなと思って」と弓道部へ。「初心者だけど試合で優勝することを目標に」と練習に打ち込み、3年時には有言実行、見事に県大会優勝に輝いた。現在も弓道サークルに所属する傍ら、並行して熱中しているのが小学生で始めたハープ。大学生活はコロナ禍で始まったが「ようやくサークル活動も再開できて嬉しい」と笑顔を見せる。

 ○…二十歳の目標は「ハープで市民オーケストラに参加すること」。将来の夢はまだ模索中というが「どんな仕事でも誰かに明るいエネルギーを与えたい」と話す。可能性は無限大。人生の長旅は始まったばかりだ。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

50歳

5月12日号

丸山 裕二さん

4月から保土ケ谷公会堂の新館長に就任した

丸山 裕二さん

星川在勤 60歳

4月28日号

堀田 廣公さん

保土ケ谷消防署の新署長に就任した

堀田 廣公さん

神戸町在勤 58歳

4月21日号

寺崎 富美さん

3月22日付で保土ケ谷警察署長に就任した

寺崎 富美さん

川辺町在勤 57歳

4月14日号

新堀 三郎さん

第8回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞の作品を考えた

新堀 三郎さん

和田在住 83歳

4月7日号

カテリーナさん

横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 35歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook