保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

川島囃子で無病息災願う 獅子舞やひょっとこも

文化

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
集まった子どもたちの頭をかじる獅子
集まった子どもたちの頭をかじる獅子

 川島地域で280年以上にわたり継承され、横浜市の無形文化財にも指定されている「川島囃子」を後世に引き継ぐ活動をしている「川島囃子保存会」(三村守会長)が1月15日、地元・川島町公園ログハウスで獅子舞やひょっとこ踊りなどを披露した。

 太鼓や鉦(かね)、それに唯一の旋律を奏でる笛の音色に合わせ、「おかめ」「ひょっとこ」「笑面」などが笑いを誘う動きを見せるのが川島囃子の基本的な形。元々は農業の豊作を祈念したのが起源とされているが、現在では祝宴の場では欠かせない存在として親しまれている。

 区内には囃子の保存会が幾つか存在しているが「川島囃子保存会」のメンバーは全員が川島町内に暮らす住民。地元の住民らが受け継いできたため独特の「間」も280年前と変わらない。1978年には横浜市初の無形文化財の認定を受け、市を代表する文化使節として海外での公演も成功させるなど、活動は海を越えるまでになった。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

期日前投票所を設置

参院選

期日前投票所を設置 政治

区内2カ所に

6月30日号

初の催しに賑わい

星川商店会

初の催しに賑わい 経済

地域に笑顔と活力生む

6月30日号

地元店舗が出店

横浜FC

地元店舗が出店 スポーツ

ほどがや区民DAY開催

6月30日号

小野リサさん公演

小野リサさん公演 文化

8月20日 秦野でボサノバの調べ

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

7月3日から移転

【web限定記事】 休日急患診療所

7月3日から移転 社会

天王町の医師会館に

6月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook