保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

スギ花粉 今春は「やや少なめ」 県自然環境保全センターが見通し

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県自然環境保全センター(厚木市七沢)はこのほど、今春のスギ花粉飛散量が「例年よりやや少ない」との見通しを発表した。

 スギ花粉飛散量を予測するため、昨年11月2日から19日まで、厚木市、愛川町、清川村、相模原市、秦野市、小田原市など県内のスギ林30カ所で花粉を飛散させる雄花の着花量調査を実施。各スギ林において、40本のスギを抽出し、双眼鏡または望遠鏡を用いて、1本ごとに着花状況を点数化し、その合計値を本数で割った平均値を着花点数とした。

 その結果、着花点数の平均値は37・8点で、前年の48・7点および過去25年間の平均44・5点を下回った。2017年からの過去5年では最低の値となった。

 一般的にスギの花粉飛散量は、花粉が飛散する前年の夏(7月〜8月)の気象条件との相関が高いとされており、冷夏であると雄花の着花量は少なくなる傾向にあるという。2021年の夏は、日照時間が平年比100%、平均気温は101%と平年並みだったが、降水量が216%と平年の2倍以上で雄花の少なくなる気象条件となり、雄花の着花量は少なくなったと推測される。

 また地域別では小田原などの県西部が42・5点と県内平均値より高く、相模原市緑区などの県北部が34・0点と低かった。地域的に温暖な県西部はより多く着花している可能性があるという。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

期日前投票所を設置

参院選

期日前投票所を設置 政治

区内2カ所に

6月30日号

初の催しに賑わい

星川商店会

初の催しに賑わい 経済

地域に笑顔と活力生む

6月30日号

地元店舗が出店

横浜FC

地元店舗が出店 スポーツ

ほどがや区民DAY開催

6月30日号

小野リサさん公演

小野リサさん公演 文化

8月20日 秦野でボサノバの調べ

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

7月3日から移転

【web限定記事】 休日急患診療所

7月3日から移転 社会

天王町の医師会館に

6月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook