保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

2021年救急出場数 過去2番目を記録 8月には月別の最多も更新

社会

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内で2021年に発生した、救急出場件数(速報値)がこのほどまとまった。保土ケ谷区での救急出場件数は1万1306件で、前年から491件増加した。特に新型コロナウイルスの第5派のピークだった8月は、過去最多の月別出場件数を記録した。

 救急出場件数は2010年に過去最多を記録して以降、毎年増加の一途をたどっていたが、20年には減少していた。

 横浜市消防局の発表によると、21年の市内の救急出場件数は20万4427件で、前年から9788件増加。過去最多の19年の21万2395件に次ぐ、過去2番目を記録した。年代別で見ると、高齢者が56%と半数以上を占めている。

 保土ケ谷区内の件数は1万1306件で、前年から491件増加。1日あたりの平均出場件数は約30件となった。区内における事故種別ごとの出場件数は全て増加した。

 保土ケ谷消防署救急担当によると、過去最多の月別出場件数を記録した8月は、区内でも1日に100件以上の陽性者の搬送を行ったという。担当者は「コロナが再拡大している状況なので、手洗いうがいや手指消毒、ワクチン接種など、今一度基本的な対策を行ってほしい」と呼び掛けた。

冬の入浴に警戒を

 コロナ以外にも同署が注意喚起をしているのが、11月から2月の冬場を中心に、入浴時などの急激な寒暖差が原因で血圧が上昇や下降を繰り返し、血管や心臓の病気を引き起こす「ヒートショック」だ。厚生労働省の調査によるとヒートショックを含め、入浴中に急死した人数は未だ高い水準で推移しており、交通事故による死亡者数よりも多く発生している。同署は「脱衣所で暖房器具を使うなど、浴室の寒暖差をなくしてから風呂に入ってほしい」と呼び掛けている。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 コミュニティ教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook