保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市SDGs認証制度 「Y―SDGs」第6回の募集がスタート 保土ケ谷区内では11事業者が認証済

社会

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市のSDGs認証制度「Y―SDGs」の第6回募集が1月24日から開始している。

 SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標。地球上の誰一人取り残さない持続可能な世界実現のため、「貧困」や「ジェンダー平等」「クリーンなエネルギー」など17項目の目標を定めている。

 横浜市が実施している「Y―SDGs」は、ヨコハマSDGsデザインセンター(西区高島)と連携し、SDGs達成に向けた取り組みを行っている事業者を認証するもの。「社会」「環境」「ガバナンス」「地域」の4つの分野・30項目における取り組み状況をチェックし、その該当内容に応じて「Supreme(スプリーム)」「Superior(スーペリア)」「Standard(スタンダード)」の3区分で評価される。認証を受けると市やデザインセンターのホームページなどでPRされるほか、更なる取り組み支援を受けられる。

 昨年12月末に発表された第5回認証では、新たに65者が認定され、既に認証取得済みの6者がより上位の認証を取得した。なお、これまでの認証事業者数は合計で305者。保土ケ谷区内では、スーペリアに昭和建設株式会社、古河電池株式会社、株式会社ヨコレイ。スタンダードにNPO法人ぎんがむら、有限会社ぎんが邑RIV総合研究所、株式会社ワンスレッド、グランコーヨー株式会社、株式会社ケイ・ワイ、有限会社板津農園、株式会社金原、千葉エンジニアリング有限会社の計11事業者が認証を取得している。

2月9日(水)締め切り

 募集期間は2022年2月9日(水)まで。申請受付数は50件が上限のため、申請多数の場合は期間中に募集を終了する場合あり。希望者は、ヨコハマSDGsデザインセンターのホームページ(【URL】https://www.yokohama-sdgs.jp/)で会員登録の上、同ページでダウンロードできる「Y―SDGs認証申請書」と「チェックシート」を提出して申し込む。認証決定・公表は3月末を予定。

 問い合わせは同センター(電話)050・3749・7415へ。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

はかま姿で魅力発信

はかま姿で魅力発信 社会

毎日新聞横浜支局 サポーターを公募

6月23日号

今週末2カ所で朝市

今週末2カ所で朝市 社会

地場野菜や果物など並ぶ

6月23日号

プロ楽団のリハ公開

かながわアートホール

プロ楽団のリハ公開 文化

きょう23日から3日間

6月23日号

ひきこもり相談窓口開設

中高年向け

ひきこもり相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月23日号

聞こえの相談、開始

聞こえの相談、開始 社会

横浜ラポールで

6月23日号

スーチョワンバーラル誕生

金沢動物園

スーチョワンバーラル誕生 社会

国内飼育は2館園のみ

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook