保土ケ谷区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

移動図書館 区内に復活 隔週水曜 狩場町第三公園に

文化

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
貸出し本を選ぶ子どもたち
貸出し本を選ぶ子どもたち

 横浜市立図書館の移動図書館「はまかぜ号」が4月から2台体制になり、今まで巡回がなかった保土ケ谷区にも立ち寄ることになった。原則隔週水曜日の午後3時10分から4時まで、狩場町第三公園=狩場町325の5=にやって来る。次回は5月25日の予定。

 はまかぜ号は1970年、当時市内唯一だった市図書館(現在の市中央図書館)が、より多くの市民に本を借りてもらおうと、図書館から遠い地域の団地などを巡回したのが始まり。当初は2台で運行していたが、2005年からは1台に。各区の区民まつりや読み聞かせのイベントで利用したいという声が多かったことから、新たに2号車の導入となった。

 これにより、4月から今まで巡回がなかった区にもはまかぜ号がやって来ることになり、全区実施が実現。巡回場所は新たに8カ所増えて29カ所になった。

 保土ケ谷区では過去に巡回があったものの、利用者減などを理由に終了。今回久しぶりの復活となった。車が入ることができ周辺に子どもも多いことから同公園が選ばれた。

 初めての巡回となった4月27日。水色のはまかぜ号が公園内に現れると遊んでいた子どもたちも興味津々に本棚を物色。中には図書館で本を借りるのが初めてという小学生もいた。

 はまかぜ号は車体の両側と車内に本棚が取り付けられ、約3千冊の本を収容。図書の貸し出しや返却、図書館カードの発行が可能で、予約すれば各図書館の蔵書も受け取ることができる。

 各区の巡回先、日時などは移動図書館のサイトで公開しているほか、雨天中止や渋滞による遅延など、当日の運行情報はツイッターで発信している。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

結成40周年を祝う

横浜たちばなライオンズクラブ

結成40周年を祝う 社会

記念事業でウクライナ人道支援など

5月26日号

純度100%和田産蜂蜜

和田昭和建設

純度100%和田産蜂蜜 社会

養蜂場は社屋ビル屋上

5月26日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook