鶴見区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

"夢"の看護師を初体験 中高生ら東部病院で実習

教育

 済生会横浜市東部病院で5月14日、看護師の仕事を体験する看護フェスティバルがあった(=写真)。

 同フェスは、5月12日の看護の日にちなみ、東部病院が毎年企画。看護師などを志す中高生らを対象に、技術体験などを行っている。

 当日は、鶴見区内の中高生を中心に27人が参加。体験を前に実施された”院内探検”では、通常見ることのできない手術室や救急車の中などを見学。看護体験は、現役看護師を講師に、注射や吸引、沐浴実習などがあり、それぞれ実際の医療器具などが使われた。

 参加生徒は、「頭ではわかっていたけど、やってみたらポイントがあったり難しかった」「人形といっても針が本物で緊張した」などと感想を話していた。また、同病院看護部の小陽さんは、「技術でなく、患者のためならという気持ちなど、看護師の魅力を感じてもられば。この中から一人でも看護師になってくれたら嬉しい」と話した。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク