鶴見区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見区 区政運営方針決まる 震災対応も盛り込む

社会

 鶴見区(山崎幹夫区長)はこのほど、今年度の区政運営方針を発表した。今年度の基本目標は『笑顔でこころを「つたえる・つうじる・つなげる」つるみのまちづくり』。区の現状と課題を踏まえ、5つの柱を重点に区政を運営していく。、

 区政運営方針は、「積極的な区民ニーズの把握と暮らしやすさの向上」「区民・事業者と協働した区政運営の推進」「区政運営上の重要課題に、積極果敢に挑戦する人材育成と体制づくり」を基本的な考えとするもの。

 今年度の鶴見区は、「まちの安全・安心」「福祉のまちづくり(鶴見・あいねっと)」「多文化共生のまちづくり」「環境・緑を意識したまちづくり」「地域課題の解決支援」という5つの柱を掲げ、目標達成のための事業を展開する。

仮設トイレ整備

 「まちの安全・安心」の主な取り組みでは、防災パンフレットの作成や、区民が防災を考えるきっかけとなるイベントを企画する『区民とともに考える防災啓発』などがある。また、鶴見区に関わる市の事業としては、震災を受け、地域防災拠点6カ所の仮設トイレ用排水設備の整備も行われる。今年度は、市場、下野谷、鶴見、豊岡、平安の5小学校と潮田中学校が対象となる。

 さらに、大雨時に浸水被害が多かった獅子ヶ谷地区について、その対策として雨水幹線の整備が進められる。

子育て支援も

 待機児童対策が課題となっている区では、子育て関係にも力を入れる。2月から導入された保育コンシェルジュ(保育専門相談員)の取り組みや、地域子育て支援拠点(わっくんひろば)などとの連携強化に努め、地域で子育てを支援する体制強化を図る。

 また、新規事業として、区民が参加できるイベント、子育てに関する「つるみ子育て応援フェスタ」と、子どもたちに楽しみながらエコを学んでもらうための「つるみエコキッズフェスタ」の2イベントが新たに実施される。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域に根ざし70年

鶴見区医師会

地域に根ざし70年

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

“駅ハイ”のコースを企画

横浜商科大学生

“駅ハイ”のコースを企画

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

バカロレアに認定

聖ヨゼフ学園小学校

バカロレアに認定

3月1日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク