鶴見区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

熱中症搬送数 鶴見区が市内で最多に 高齢者が半数以上消防が注意喚起

社会

 梅雨明けから厳しい暑さが続く中、鶴見区内の熱中症による救急搬送が増加している。

 区内での熱中症による救急搬送件数は、7月22日現在31件(5月1日からの統計)。市内全体では343件で、18区中最多となっている。

 搬送された年齢を見ると、65歳以上の高齢者が17件と半数以上を占める。また、重症患者はまだいないものの、入院が必要となったケースが10件に上った。鶴見消防署によると、件数が多いことについては、「発生した場所も個々に違い、明確な理由はわからない」としながらも、「起きていることは事実。これからが本番になるので注意してほしい」と呼びかける。

体調優先でバランスを

 「今年は節電の影響もあり、冷房を控える人が増えることが予想される」と、同署予防課の渡辺又介課長は懸念する。

 実際、熱中症は室内でも発症するケースが多く、屋内でも油断できない。

 市消防局ではポイントとして、気象情報をこまめに収集して予防や事前の対策を取ること、健康管理を徹底すること、自身が居る環境や温度、湿度を確認し、節電対策と体調のバランスを見ながら必要に応じて冷房の使用を検討することなどをあげている。

 渡辺課長は、「冷房を使ってはいけないわけじゃない。我慢してはダメ。温度計を置くなどして、室温が28℃を超えないように調整して、何より体調を優先してほしい」と喚起する。

 同署によれば、例年9月いっぱいまでは熱中症に注意が必要とのことだ。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

プール水500トン 消火用に

鶴見から東北へ祈り

いざに備え 本部訓練

しょうじゅの里小野で内覧会

市長を表敬訪問

潮田中マーチングバンド部

市長を表敬訪問

3月15日号

三ツ池公園に記念樹

おっさんネットワークつるみ

三ツ池公園に記念樹

3月15日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク