鶴見区版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

防災から減災へ 鶴見消防署がPR

社会

署員がAEDの使い方を教えた
署員がAEDの使い方を教えた

 鶴見消防署主催で毎年行われている「地震防災展」が防災週間である9月1日(木)と2日(金)にイトーヨーカドー鶴見店で実施された。

 東日本大震災後、災害による被害をできるだけ減らそうとする考え、「減災」が主流となり、同展でも減災をテーマとしていた。当日は心肺蘇生法やAEDの使い方を実践的に学べるブースが設けられていた。震災後初めての防災週間ということもあり、例年よりも大勢の方が来場し、若い人や子連れの参加も目立ったという。

 また、被災地に派遣された市消防員が実際に撮影した東日本大震災の映像がスクリーンに流され、過去の地震被害のパネル写真も展示されていた。

 鶴見消防署は「震災後、住民の方の災害に対する意識は強くなっている。災害が起こったときに被害を最小限にするために減災について今後広めていきたい」と話していた。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク