鶴見区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

シークレイン公益施設 開館1年、利用は上々 文化と交流の拠点に

社会

沖縄の文化を届けた「鶴見エイサー潮風」など、ステージに華を添えた
沖縄の文化を届けた「鶴見エイサー潮風」など、ステージに華を添えた

 鶴見中央コミュニティハウスと鶴見国際交流ラウンジが、開館1周年を迎えた。

 JR鶴見駅東口のシークレイン内にある両施設は昨年12月5日に開館。コミハは区内で活動する団体の練習場所として、同ラウンジは外国人の多い鶴見区における国際交流の拠点として親しまれている。

 鶴見区によると、開館からの利用は、いずれも延べ人数でコミハ約3万人、ラウンジ約8千人。コミハは区内7施設の中でも利用が多く、特に駅前の立地から夜間利用者が突出しているのが特徴だ。

 区内在住の外国人らに対し、母国語での対応を行っているラウンジでは、この1年間で約1400件の相談を受けた。内容は、日本語がわからないことによる質問といったケースが目立つという。

 ラウンジのスタッフは、「立ち寄ってくれる人は増えている。それでもまだ周知が足りていない」と今後の課題を挙げていた。

記念イベント

 相互利用もあるという両施設で12月3日、1周年を記念したイベントがあった。 当日は、利用団体らの国際色豊かなステージや作品展示、多文化共生についてのパネルディスカッションなどが行われた。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域に根ざし70年

鶴見区医師会

地域に根ざし70年

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

“駅ハイ”のコースを企画

横浜商科大学生

“駅ハイ”のコースを企画

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

バカロレアに認定

聖ヨゼフ学園小学校

バカロレアに認定

3月1日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク