鶴見区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

区が節電を紹介 「無理なく」と呼びかけ

社会

 震災による福島第一原発事故の影響が続く中、再び電力需要の高まる本格的な冬の到来に、鶴見区役所は区民に向けて節電を呼びかけている。

 電力需要は、一般的に夏よりも冬の方が少ないと言われているが、区では家庭でできる「冬の省エネ行動」を紹介するなどして節電普及に取り組んでいる。

 区が勧めている取り組みは、「暖房は室温20度が目安」「冷蔵庫内の適切な温度設定」「照明器具の省エネタイプへの変更」「保温便座の電源をオフにして便座カバーの装着」など、いずれも日常生活で取り組みやすいものだ。

 区役所は、「無理のない範囲での省エネ・節電に協力をお願いしたい」と話している。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク