鶴見区版 掲載号:2012年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

つるみ文芸協会 ホール稼働率向上で設立 ジャンル幅広く企画

文化

 鶴見区のさらなる文化振興などを目的とした団体「つるみ文芸協会」がこのほど設立した。第1回目の主催公演が4月24日に行われる。

 文芸協会は、元鶴見区文化協会の南部昌宏さん、馬場でイベント企画やCDショップなどを開く宮野昌夫さん、鶴見みどころガイドの会の安保尭さん(いずれも区内在住)が立ち上げた民間団体。昨年5月ごろ、鶴見区民文化センターサルビアホールから「稼働率向上のために」と依頼を受け、設立された。公的機関である同ホールと、長年文化振興を行っている鶴見区文化協会などがあまり実施しないジャンルを対象としてすみ分けを図っていくという。

 第1回目は、落語協会最高顧問の三遊亭圓歌師匠をゲストに、シークレイン寄席を企画。4月24日、サルビアホールで行われる。また、5月6日には、宮野さんと親交の深い演歌歌手の冠二郎さんを招いた歌謡コンサートも決まっている。

 メンバーは、「鶴見の文化の根底を調べ、ニーズに沿った企画を立てたい。演歌や落語、ロックやジャズなどバラエティに富んだ内容を提供できれば」と意気込んでいる。チケットはミュージックプラザミヤノ【電話】045・571・3280まで。

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

短編映像を募集

市消防局

短編映像を募集

2月15日号

認知症支援で独自マーク

神奈川県

認知症支援で独自マーク

2月15日号

全座席が「横浜ブルー」に

源氏物語の小道具解説

櫻井さん(駒岡小)が優勝

大会功労者を表彰

区少年野球連盟

大会功労者を表彰

2月15日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク