鶴見区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

駒岡小児童 イモ植えで地域と交流 畑利用を手紙で依頼

かがみながらの作業。膝が疲れたという子も
かがみながらの作業。膝が疲れたという子も

 かぶと塚ふれあいの樹林で23日、駒岡小学校=松本稔校長/児童数576人=の3年生81人がサツマイモ約200本を植えた。

 品種はベニアズマ。総合学習の一環として実施し、同所での植え付けは今年で2回目。一昨年までは学校近くの畑を利用していたが、宅地になってしまったため、昨年から同所に移動した。

 イモ植えは昨年、当時の3年生が行っていたのを見ていた児童たちが自分たちもと発案。同所を管理する愛護会(小山和雄会長)に畑の利用を依頼する手紙を送り、実現に至った。

 参加した子どもたちは、「苗の向きに注意して植えるのが難しかった」「収穫が楽しみ。天ぷらにして食べたい」などと話していた。

住民も1300本

 同所はもともと、開発される予定となっていたが、地元住民が借り上げ、1999年に開園。畑や広場があり、地域住民が自然とふれあえる場として親しまれている。19日には、周辺住民によってベニアズマ約1300本が植えられた。収穫は10月頃の予定。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

短編映像を募集

市消防局

短編映像を募集

2月15日号

認知症支援で独自マーク

神奈川県

認知症支援で独自マーク

2月15日号

全座席が「横浜ブルー」に

源氏物語の小道具解説

櫻井さん(駒岡小)が優勝

大会功労者を表彰

区少年野球連盟

大会功労者を表彰

2月15日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク