鶴見区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

親子の広場が誕生

社会

 区内馬場にこのほど、親と子のつどいの広場kitsch(キッチュ)がオープンした。広場は、主に就学前の子どもとその保護者が集う場所。横浜市が経費などを補助する事業で、選定された民間団体が運営する。区内では生麦のはなはな広場に続き2カ所目。

 運営するのは、地元の子育て支援団体「ブリランテ・マードレ」(富岡えりか代表=人物風土記)。子育て世代が運営する広場は市内でも珍しく、マッサージや英語などの子ども向けから、ママたちが楽しめるイベントも企画。富岡さんは「子連れで楽しめる施設として気軽に利用を」と話す。午前10時〜午後4時。年会費5百円。1回3百円(ビジター4百円)。詳細(問)【電話】045・716・9949
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク