鶴見区版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

熱中症予防で講演会 区民ら100人が対策学ぶ

社会

質問を投げながら理解を仰いだ
質問を投げながら理解を仰いだ

 鶴見消防署(吉原晴彦署長)による講演会「正しく知ろう熱中症」が7月3日、鶴見大学会館で行われた。

 会は、熱中症による搬送が増加する夏場を前に企画。地域貢献の一環として鶴見火災予防協会(筒井康之会長)が後援した。

 鶴見署によれば、「暑さで体調を崩す人は多く、特に単世帯の高齢者が増えている」という。それを受け今回、熱中症予防とともに、救急出場件数減少を図ることなどを目的に実施された。

 当日は、同署が参加を呼びかけた自治会・町内会や民生委員など、約100人が参加。講師は済生会横浜市東部病院救命救急センターの船曳知弘医師=写真左=が務め、「人の体は暑さに慣れるまで時間がかかるので、この時期に学ぶのは大事」と講演。「家の中でも起こりやすい」「体温が正常でも熱中症の可能性はある」などと解説した。また、空気の流れを作るために肌着の着用や、発症後は体温を下げるために体を濡らして扇風機をあてるなど、対策や予防についても語った。

 吉原署長は「参加した人たちから地域の人に、熱中症の知識が広がれば」と話していた。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク