鶴見区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災を記した歌集を出版した 西津 貴美子さん 東寺尾中台在住 70歳

思い歌に、後世へ継ぐ

 ○…「被災地には行っていないの。私みたいな年寄りが行ってもね」。そう言って微笑む。短歌と長歌で綴った歌集「命つなぐ」。震災発生からの100日間をテレビの映像からインスピレーションで書いた171首。画面に映る被災者その一人ひとりを思い、言葉や背景を感じ、まとめた。「報道を見て、いてもたってもいられなかった」。筆を取った思いを語る。

 ○…実は個人で被災地支援も行っている。震災前、所属する製本ボランティア舞鶴のサークル展示の際、たまたま岩手県にも製本ボラがあることを知った。その伝手を頼り昨年、岩手県大槌町と山田町の小学校に本を送った。「舞鶴のメンバーが助けてくれるからできる。本当に友だちに恵まれている」と笑顔を見せる。今年から直接学校とやり取りし、夏休み前に発送した。「要望がある限り、今後も続けていきたい」

 ○…製本ボラはもちろん、生麦事件参考館の手伝いや単発で歴史の会の活動に参加するなど多忙の日々。和歌も含めて、「全部が趣味だから、出歩くのは苦にならない」と笑う。現在は2人暮らしとなる夫も、10前後のサークルに入会しているためお互いがそれぞれに楽しんでいるという。それでも「主人は私がいないと何一つできないから、ご飯も帰るまで待っているんですよ」と幸せそうにぼやく。

 ○…生まれも育ちも鶴見。女手一つで育ててくれた母は、人が集まると語り部のように関東大震災の話をした。「私を抱え戦争を越えた方が大変だったと思うのに、話すのは決まって震災の話だった。それだけ衝撃だったんでしょうね」。母と同じように衝撃を受けた東日本大震災。「語り部になるほど残された時間はないかもしれない」。13人の孫たちの10年後、20年後のため、出版を決意した。本の帯に、「許してな 言葉少なは 衝撃の 大き故にて 欠礼でなし」とある。思いを歌にし、後世に語り残す。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

山田 三夫さん

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する

山田 三夫さん

2月1日号

伊藤 詔子さん

史季の郷ボランティアの代表として活躍する

伊藤 詔子さん

1月25日号

畑井(はたい) 勝也さん

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う

畑井(はたい) 勝也さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク