鶴見区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見警察署 大本山總持寺 大規模災害時に協力 三松閣を代替施設に

社会

調印する江川禅師(写真右から2人目)と渡邉署長(同3人目)
調印する江川禅師(写真右から2人目)と渡邉署長(同3人目)

 大規模災害等の発生により鶴見警察署が使用不能となる事態を考慮し、大本山總持寺の一部施設を代替施設として使用するという協定が8月24日、両者間で結ばれた。

 協定締結は、昨年の東日本大震災を受け、鶴見警察署が總持寺に依頼し実現。鶴見署は標高が2mに満たない地点にあり、津波などの大規模災害で機能が停止した際の代替施設を探していたという。鶴見署によれば、「広い敷地で最適と判断した」と總持寺に依頼した経緯を話している。

標高は約20m

 代替施設となるのは、總持寺の敷地内にある三松閣。国土地理院の地図によれば、標高は約20mで、通常は檀信徒会館として使用されている建物だ。昨年の震災時には、帰宅困難者約200人を受け入れた施設でもある。パソコン等の電子機器も使えるため、警察機能を維持できる。

 協定では、大規模災害が発生し、鶴見警察署が使用不能となった場合、三松閣の地下1階と1階を代替施設として使用可能とするなどとしている。

「地域一丸が必要」

 同日、同寺で行われた調印式には、大本山總持寺貫主・江川辰三禅師と渡邉道雄署長をはじめ、関係者らが出席。調印に先立ち、總持寺は「震災を経験し、大規模災害時の人命救護などの対応に関しては、地域一丸となって推進していかなければならないと痛感した。警察署の災害対策に協力することは最も大切なこと」と趣意を説明した。

 式の中で渡邉署長は、「ありがたい。何かあったときは代替施設として活用させてもらう」と感謝の意を表し、江川禅師も「皆さんの力になれて大変光栄」と話していた。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

短編映像を募集

市消防局

短編映像を募集

2月15日号

認知症支援で独自マーク

神奈川県

認知症支援で独自マーク

2月15日号

全座席が「横浜ブルー」に

源氏物語の小道具解説

櫻井さん(駒岡小)が優勝

大会功労者を表彰

区少年野球連盟

大会功労者を表彰

2月15日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク