鶴見区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

障団連「鶴っこ」 商業施設で販売会8年 理解得る苦労も

昨年の鶴っこ交流広場の様子
昨年の鶴っこ交流広場の様子

 イトーヨーカドー鶴見店で10月1日、2日の2日間、障害児者が手作りの品を販売する「鶴っこ交流広場」が開かれる。区役所や地区センターなどの公共施設ではなく、より多くの市民が集まる商業施設で開催することで、障害児者への理解と支援を広めていこうと、8年前から始まった。

 取り組んでいるのは、区内の35障害児者団体が加盟する鶴見区障害児者団体連合会の部会「鶴っこ」。自主製品の販売を行おうと、2000年に発足した。区役所などの公共施設を中心に、雑貨やお菓子などを提供している。

 スタッフの中には、普段利用している公共施設より人が集まる民間企業でも、障害児者への理解を啓発したいという声も多くあった。そこで区内のスーパーなどに飛び込みで販売会を依頼。「手当たり次第に。でも断ったり、返事をお願いしても連絡が来ないところもあった。スペースがない店もあるし、場所があってもタダで借りるので、店側には利益が出ないから」。鶴っこ交流広場の立ち上げメンバーの1人だった小川尚子さんは語る。奔走は1、2年続いたという。

 そんな中出会ったのがイトーヨーカドー鶴見店。鶴っこ交流広場のスタート当初から店側の窓口役を務めてきた藤本秀利さんはこう話す。「地元にいるからには地域のためにできることを取り組みたいと思った。スペースを貸す分、店の売り上げは減るけれど、売り上げには代えられない貢献というものがある」

 今年は昨年より売り場面積を2倍に広げ、さらに人を集めようと準備が進む。「鶴っこのことを知らない人もまだ多い。アピールは続けていきたい」と「鶴っこ」代表の横須賀智一さんは話していた。

 同店での販売会は10時から19時まで。問い合わせは活動ホームもとみや【電話】585・3664
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

短編映像を募集

市消防局

短編映像を募集

2月15日号

認知症支援で独自マーク

神奈川県

認知症支援で独自マーク

2月15日号

全座席が「横浜ブルー」に

源氏物語の小道具解説

櫻井さん(駒岡小)が優勝

大会功労者を表彰

区少年野球連盟

大会功労者を表彰

2月15日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク