鶴見区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

川崎幸病院 9月1日から 「救急・総合診療部」へ

 社会医療法人財団石心会・川崎幸病院(幸区大宮町・石井暎禧理事長/院長)は今月1日から救急患者に対応する『救急部』を『救急・総合診療部』へと名称を変更した。

 救急患者は、救急車で運ばれる患者をイメージするが、同院によると「救急車以外にも自家用車や自転車、徒歩などで来院される救急患者も少なくない」という。医師の専門化が進む中で、あらゆる救急患者へ総合的な診断ができるよう『総合診療部』という名称を付け加えることで、救急患者に対する市民のイメージを広げる狙いがある。

 また同病院は、同日から川崎市の「重症患者救急対応病院」の指定を受け、市立病院の遊休病床61床を譲り受けた。これにより265床から326床へと増床。救急患者の受け入れ態勢がさらに強化された。

10月から各地で出前講座開催

 同病院では、10月から川崎区と幸区を中心に「かわさき健康塾」と題した参加無料の出前講座を開催する。

 講座では、同院ドクターや同院の登録医となっている開業医が講師となり、「病院の上手なかかり方」や「循環器系の病気の初期症状」などをテーマに話をする。

 詳細は、同病院HP(http://ssaiwaihp.jp)又は、【電話】044・555・7725まで。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

短編映像を募集

市消防局

短編映像を募集

2月15日号

認知症支援で独自マーク

神奈川県

認知症支援で独自マーク

2月15日号

全座席が「横浜ブルー」に

源氏物語の小道具解説

櫻井さん(駒岡小)が優勝

大会功労者を表彰

区少年野球連盟

大会功労者を表彰

2月15日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク