鶴見区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

高齢者交通事故 競技会で減少目指す 鶴見警察署が初開催

 鶴見警察署(渡邉道雄署長)は10月15日、65歳以上の高齢者が運転技量や知識を競い合う「地区対抗シルバードライビング競技大会」を初めて開催した。参加者は走行試験や学科テストを通じて日頃の運転マナーを点検した。

競技で関心高める

 同大会は、高齢者が現在の運転技量を確認することで事故防止を図ろうと、鶴見警察署が企画した。

 区内で10月21日までに発生した高齢者の関係する事故は、前年比マイナス45件の152件。総件数601件のおよそ4分の1を占めることから、同署ではさらなる高齢者の事故減を目指している。

 今回は、新鶴見ドライビングスクールに協力を呼び掛け、同スクールを会場に実施。これまで同スクールで実技指導は行われてきたが、競技会形式では初めて。通常の指導では募集がなかなか集まらず、より強い関心を持ってもらおうというねらいがある。

点検に苦戦

 当日は、区内15連合町内会が参加。各町内会から65歳以上の高齢者が3人1組で選出され、法規走行部門、車両点検部門、交通法令部門にそれぞれ出場した。

 法規走行部門に参加した山田清さんは、「いつもより慎重に走った。免許を取った学校でもあるので懐かしい」と話していた。

 参加者が一番苦戦していたというのが車両点検部門。「習慣化しておらず、慣れてなさそうな人が多かった」と同署は話す。

 交通法令部門では、学科テストが実施された。交通ルールに関する○×問題50問が出題された。

 次回開催は未定だが、「できれば今後も続けていきたい」と同署は話していた。

寺尾地区が総合1位

 大会の結果は以下の通り(順不同・敬称略)。

【総合】第1位=寺尾地区自治連合会▽第2位=潮見橋地区連合会▽第3位=潮田西部地区自治連合会【部門別優秀者】法規走行=山田清(潮田東部地区自治会連合会)▽車両点検部門=青山富男(豊岡地区連合会)▽交通法規=谷口和弘(小野町地区自治連合会)

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

5年ぶりの自転車教室

矢向地区連合会

5年ぶりの自転車教室

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

区内外30機関が連携

鶴見区災害医療訓練

区内外30機関が連携

2月8日号

北線高架下緑地オープン

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク