鶴見区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

(一社)横浜青年会議所の2013年度理事長に就任した 高見澤 尚弘さん 都筑区在住 39歳

「誠の道」まっすぐに歩む

 ○…20歳から40歳までの青年経済人が「明るく豊かな社会」を目指して、まちづくり、ひとづくりに取り組んでいる横浜青年会議所(JC)の理事長に、このほど就任した。1年間の運営テーマに選んだのは「誠道」という言葉。「現代の若者はひたむきに生きる姿勢、他者に尽くす考えを忘れているように感じる。もう一度、JC創始の精神を認識し、自分たちの姿勢を見つめ直したい」。ひとことひとことを噛みしめるように語る姿が印象的だ。

 ○…JCに入会したのは04年。「父が昔会員だったこともあって、半ば無理やり。どんな活動をしている団体かも知らないまま入っていました」と笑いながら振り返る。そこで待っていたのは、慌ただしいが充実した時間、仕事とは全く違う人々との出会いだった。10年には横浜開港祭の実行委員長を務め「我々に対する大きな期待を感じました。我々自身が輝くことで、横浜を元気にすることができたら」。約320人の会員とともに、様々な企画を練っている最中だ。

 ○…出身は港北区。高校生までは野球に打ち込み、県内の強豪校で1年生から活躍した。大学卒業後は大手交通関連メーカーの営業マンとして警視庁や福島県警を担当。転機は02年。不動産会社を経営する父が体調を崩したのをきっかけに、横浜に戻った。05年に父が亡くなり、会社を引き継ぐことに。わずか31歳でのスタートだったが、不安はなかったという。「要は自分が信頼してもらえる人間かどうか。どの世界でもその基本は変わらないと思っていました」。現在では不動産業だけでなく飲食店も手掛けるなど、着実に業容を広げている。

 ○…家庭では5歳と生後1カ月の男の子の父親。会社に、JCに、と奔走する毎日では自然と子どもたちとの時間は少なくなる。「その分、父として、信念を持って生きている姿をみてほしい」。自らが信じる誠の道をまっすぐに進んでいく。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

黒川 治宣さん

江ヶ崎町内会の会長として地域をまとめる

黒川 治宣さん

3月22日号

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク