鶴見区版 掲載号:2013年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

かとう正法(まさのり):県会議員通信

 多数の自論や私見・提言から要点抜粋、簡単に表現。【かとまさ】や名前検索で、ネット記録、配布の県議会報告紙もぜひご覧ください。

●地域事項へ提言・要望!

 町会・消防団・福祉や教育、環境等々、関係皆様の、日々のご活躍ぶりに感服!地元鶴見は特に自助と共助の取組みが強いと感じます。44歳の私が少年期を思い返すと、様々な地域行事で多くの楽しい思い出、先輩方のご尽力のおかげと感謝で一杯です。その分、子ども〜老若男女へのご恩返しは私の天命です。地元事項から何点か抜粋し特筆します。鶴見会館跡地に地域交流型住宅の計画があり、高齢者用に70戸、一般世帯で29戸、との事。多世代どうしでふれ合いの生活が期待できそうです。専門員の生活支援サービス他、特別な取組みがあり、独居のお年寄りには朗報で、希望者は多いと思います。入居者選定では、公正・公平が何より重要で、明朗な制度設計を提起中!安心・充実な生活拠点の未来モデルとして、成功例となるか検証し、需要に応じ、県も市も、公営住宅への応用を検討すべき。子ども青少年支援で『つるみ元気塾』が開設し視察。複雑な家庭事情で支援の必要な児童が、夢を持ち自立できるように、家庭的な場所で学習や生活体験。きずなやふれ合いは、必ず人生の財産になるはず。大いに応援したく、需要に事業数が足りるよう、県と市の協力を要望。花月園競輪場跡地は、防災公園と住居の計画。今の借地権者との法的取決めが何よりも先決だと提起中!残存権利関係の整理を先送りし、計画倒れや長期放置の開発例は、私が銀行員時代も多々確認。調査費その他、税金の長期ムダ使いを阻止すべく、県や市へ指摘と意見を続行!障がい者福祉の現場では多くの笑顔と人柄にふれ感動。その他書ききれず、多様なテーマを度々発信します!

●かとう正法:県議会報告

 出身地元鶴見区の活動で、県や国への自論を提言中!

ぜひお声かけくださいませ。
 

かとう正法 【加藤まさのり】 みんなの党 県会議員・支部長

横浜市鶴見区佃野町35-7-401

TEL:080-6571-1192

http://www.katomasa.jp/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク