鶴見区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

罹災者支援ネットワーク 2年目の訓練で一体感 地域住民も運営に参加

各所の状況をボード上で整理した
各所の状況をボード上で整理した

 東日本大震災から2年を迎えるのを前に、生麦中学校と生麦小学校、岸谷小学校、寺尾小学校が中心となって設立した「罹災者支援ネットワーク」が2月23日、各校と周辺の協力施設で訓練を実施した。

震災契機に設立

 「罹災者支援ネットワーク」は、東日本大震災を契機に昨年設立。震災時、区内市立小中学校は、地域防災拠点として開放され、生麦小学校では約200人の帰宅困難者を受け入れたが、備蓄をほとんど使い果たしていた。しかし、すぐ近くのはずの生麦中学校などでは、その状況を把握しサポートすることができなかった。そこで、周辺各校が連携。近隣の法政女子高等学校や横浜商科大学、キリンビール(株)横浜工場とも協力し、生徒の安否情報や、帰宅困難者などの避難状況を共有するネットワークを作った。

 訓練は昨年初めて実施され、今回は2回目となる。当日は地震発生を想定し、各校や協力施設が、無線を使ってそれぞれの状況を把握。あふれてしまった帰宅困難者を受け入れ可能な施設に誘導し、物資が不足している場所には他施設から支給するまでを確認した。

メール導入

 昨年まで連絡手段は無線が主だったが、今回はメールを新たに導入し、生徒の安否確認に利用した。「前回は無線から情報を聞き取って、メモを取るのに時間がかかっていたが、より早く効率的に情報を整理しやすくなった」と生麦中の藤田耕平校長は話す。 

 また、昨年は各校の校長が中心だった運営に、今年は各校が地域防災拠点となった際に運営する委員も参加。本部長で池谷戸自治会会長の杉浦節子さんは、「地域の人が主体に加わったことで、一体感が出てきたと思う」と話していた。

 今後は、共有すべき点をフォーマット化するなどして、よりスムーズな情報集約を目指していくという。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

新自治会館が落成

仲通三丁目

新自治会館が落成

3月29日号

東儀秀樹コンサート

鶴見が二連覇

少年野球区選抜大会

鶴見が二連覇

3月29日号

さようなら90周年

地域と歩んだ軌跡

トレッサ横浜

地域と歩んだ軌跡

3月22日号

区民11人 防火などに寄与

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク